menu

スイス - チョコレートタイム

主に旅の思い出を綴っています。季節感が違うときもありますが、その旨ご理解の上、お読みいただければ幸いです。

【付録】食彩美膳 - 霧島

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

【付録】食彩美膳 - 霧島

前日のブログの関連画像です。読者からのご要望につき、前日のブログにまとめてご紹介した、夕食メニューの画像の拡大版をご紹介!📌初めての方はこちらからお読みください。    ↓↓↓ 🍁秋の食彩美膳≪食前酒≫≪前菜≫≪汁椀≫≪お造り≫※お造りの代わりメニュー≪焼物≫≪煮物≫≪合肴≫≪食事≫×ご飯は未撮影につき画像なし。≪デザート≫以上、ご参考までに。 📌料亭旅館 竹千代霧島別邸   最後まで読んでくださってどうも...

02, 2021   0
Category  日本の旅
霧島の湯と老舗料亭の味を楽しむ!- 霧島

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

霧島の湯と老舗料亭の味を楽しむ!- 霧島

仙厳園ではタイム・スリップしたかのようなひとときを過ごし、隠れ家のような雰囲気が漂う霧島の温泉宿へ🚙💨≪ スイス人親子と巡る🍁日本の秋旅 2019.11 ≫ 8日目 - 霧島この旅で雨が降ったのは一度きり。仙厳園から霧島神宮に向けて🚙💨錦江湾沿いの県道を走り、霧島市に入った頃から☂☂屋久島での運転とは異なり、雨の中のドライブとなった。しかし、旅館に到着する前に雨は止み面白いくらいの出来過ぎたような、ラッキ...

01, 2021   0
Category  日本の旅
伝説と2つがつながり合う旅!- 鹿児島

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

伝説と2つがつながり合う旅!- 鹿児島

白と黒の列車≪指宿のたまて箱(いぶたま)≫に乗って指宿駅から鹿児島中央駅へ。桜島を見るために選んだ≪いぶたま≫、桜島を見るために訪れた≪仙巌園≫では、歴史と人との触れ合い・・・偶然のつながりに驚く!≪ スイス人親子と巡る🍁日本の秋旅 2019.11 ≫ 7日目 - 鹿児島≪事前準備≫・≪指宿たまて箱≫の座席(全車指定席)・鹿児島市から利用するレンタカーどちらもインターネットで予約済。≪指宿駅≫列車が発車するとき...

30, 2021   0
Category  日本の旅
和の心を思い出すくつろぎの場所! - 指宿

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

和の心を思い出すくつろぎの場所! - 指宿

一日の始まりはピンク色!指宿の朝、しみじみと和の心を感じる瞬間が自分にとってはとても心地良いものだと再認識した。≪ スイス人親子と巡る🍁日本の秋旅 2019.11 ≫ 7日目 - 指宿の朝目覚めると、錦江湾はピンク色の空で覆われていた!そして、約20分後には前日の夕焼けと同じようなオレンジ色の朝焼けが空を制覇する。美しい風景を窓から眺めながら、いろんな思いの中で、感謝の気持ちが深まる。このホテルはどこ...

28, 2021   0
Category  日本の旅
輝く太陽と満月の夜に至上の喜び! - 指宿

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

輝く太陽と満月の夜に至上の喜び! - 指宿

夕刻の便で屋久島から指宿へ🚢💨船内から見た輝く太陽の光!ホテルの部屋から見た輝く満月の光!≪ スイス人親子と巡る🍁日本の秋旅 2019.11 ≫ 6日目 - 指宿の夜忘れられない、美しい🌆夕焼けと🌕満月を同じ日に見ることができたのは初めてである!屋久島へは✈飛行機で到着したが霧島の旅のために指宿経由で鹿児島市へ入る計画を立てた。≪事前準備≫・屋久島で宮之浦港の近くに宿泊したのは白谷雲水峡へも行きやすい場所だ...

27, 2021   0
Category  日本の旅
屋久島ぐるっと132km!- 爽快ドライブ!

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

屋久島ぐるっと132km!- 爽快ドライブ!

さあ、屋久島最終日は・・・海・林・花・動物・・・屋久島一周の爽快なドライブ♬≪ スイス人親子と巡る🍁日本の秋旅 2019.11 ≫ 6日目 - 屋久島一周ドライブ編♨屋久島の温泉の癒し?ガッチリいただいた食事?やっぱり・・・愉快♪爽快♬痛快🎵だったからかな!?≪屋久島・種子島≫エリアにはたくさんの魚がいるんだなぁ🐟🐟🐟・・・とあらためて感心しながら朝食をすまし、荷物をまとめて、屋久島の縄文水を持参し、レッツゴー🚙💨...

26, 2021   0
Category  日本の旅
東シナ海に沈む美しい夕日が見えるスポット! - 屋久島

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

東シナ海に沈む美しい夕日が見えるスポット! - 屋久島

黄金の光が放たれるトンネルを抜けると、そこには・・・≪ スイス人親子と巡る🍁日本の秋旅 2019.11 ≫ 5日目 - 屋久島/夕焼け編まるでドラマのような展開。≪白谷雲水峡≫でのトレッキングを終え、達成感を胸いっぱいに膨らました義父にとって、ご褒美があった!白谷雲水峡からは、くねくね道の下りが続く・・・慎重に運転しながら約10分ほど走ったとき!出た! 🐵ヤクザル!一番先に見つけたのは義父だった!野生の猿...

24, 2021   0
Category  日本の旅
もののけ姫の舞台へ!- 屋久島

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

もののけ姫の舞台へ!- 屋久島

屋久島の朝の光!空が燃えているような真赤な太陽がh地平線から現れる⇧そして、青い空、青い海♬世界文化遺産≪姫路城≫のあとは世界自然遺産の≪屋久島≫へ✈≪ スイス人親子と巡る🍁日本の秋旅 2019.11 ≫ 5日目 - 屋久島≪前日の夜のエピソード≫屋久島空港に到着後はすでにホテルからお迎えが来ておりスムーズにホテルにチェックイン👍ホテル到着後、すぐに夕食♬テーブル担当の外国人のお給仕係の女性と話がはずみ、驚いた...

22, 2021   0
Category  日本の旅
姫路から屋久島へ向けて! - サプライズ・フライト

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

姫路から屋久島へ向けて! - サプライズ・フライト

姫路城はどの角度から見ても美しい!姫路城の境内を散歩し、また歩いて姫路駅へ戻る。姫路から新幹線で新大阪へ戻り、空港リムジンバスで伊丹空港へ。伊丹空港からは、鹿児島経由で屋久島へ。"アテンションプリーズ"≪ スイス人親子と巡る🍁日本の秋旅 2019.11 ≫ 4日目 - 姫路➡大阪➡鹿児島≪事前準備≫新大阪駅から伊丹空港行きのバス時刻と運行状況を事前確認。屋久島での宿泊先のホテルへ連絡し、空港での無料ピック...

19, 2021   0
Category  日本の旅
風雅な庭園で和の心に触れる!- 好古園

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

風雅な庭園で和の心に触れる!- 好古園

Google mapを見ていたら、姫路城の隣に日本庭園があることを発見し花や植物が好きなスイス人親子なので、日本庭園を訪れるチャンスだと思った。≪ スイス人親子と巡る🍁日本の秋旅 2019.11 ≫ 4日目 - 姫路夫の提案で姫路城の境内に入る前に先に、日本庭園へ行くことになった。この庭園については全く無知である私もどのような展開になるのか興味深々であった。すると・・・歩く先に≪お屋敷の門≫が見える。何だかワク...

18, 2021   0
Category  日本の旅
白鷺づくしの旅 - 姫路

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

白鷺づくしの旅 - 姫路

広島から白鷺の旅へ。≪ スイス人親子と巡る🍁日本の秋旅 2019.11 ≫ 3日目夜/4日目 - 姫路姫路を訪れてみると・・・いたる所で≪白鷺≫の文字や絵、お店の名前等々たくさん目にする!町を歩いていると、あたかも≪白鷺≫が目の前に飛んでくるような感じである。≪事前準備1:ホテル≫可能な限り、駅チカで大浴場のあるホテルを探すこと。今回は、≪コネクティングルーム≫という、その名のとおり、ツインとシングルがつながっている部屋。ド...

16, 2021   2
Category  日本の旅
終わりのない祈り!- 日本の旅3日目

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

終わりのない祈り!- 日本の旅3日目

原爆慰霊碑の前で、「毎年、TVで見ていた場所だ!」と、感慨深く語った義父。≪ スイス人親子と巡る🍁日本の秋旅 2019.11 ≫ 3日目:ヒロシマ私は2度目の訪問であるが、≪安らかに眠って下さい 過ちは繰り返しませぬから≫原爆死没者のメッセージを読むと、今回も目頭が熱くなった。≪奇跡のシンボル!≫📌ドームの屋根の銅板が溶け、爆風が抜けたことで奇跡的に残った、旧広島県産業奨励館。📌1915年に完成された当時は、...

14, 2021   0
Category  日本の旅