menu

スイス - チョコレートタイム

主に旅の思い出を綴っています。季節感が違うときもありますが、その旨ご理解の上、お読みいただければ幸いです。

時間を忘れてしまう美しい秋!- スイスの車窓から

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

時間を忘れてしまう美しい秋!- スイスの車窓から

黄金の秋!スイスで最も美しい秋を求めて・・・今年は、スイス最大の自治体となる、Scuol/シュクオールへ!自宅から目的地まで4時間以上の列車の旅だが、車窓からの美しい風景を見ていると時間を忘れてしまう。特に、エンガディン地方は秋の玉手箱だ!📌スイスの4つ目の公用語である、ロマンシュ語圏のウンターエンガディン地方(グラウビュンデン州)、レーティッシュ鉄道の車窓(※)からの風景は標高差や木の種類で木の葉の色が...

21, 2021   0
自然が造った絶景と美しい湖の謎!- フリムス

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

自然が造った絶景と美しい湖の謎!- フリムス

ここは、Flims/フリムスの展望台から見下ろした風景。«Little Swiss Grand Canyon»と呼ばれる、Rheinschlucht/ライン渓谷(ロマンシュ語:Ruinaulta)。≪展望台:Il spir≫こちらもユニークなデザイン、けっこう高い。一説によると、📌9,500年以上前に最大のアルプスの地すべりの影響でユニークな地形が形成された。※地すべりの起点は海抜約2,700m、フリムスは約1,080m。大きなナイフで切り落としたような鋭角な白い岩肌、川の流れ...

16, 2021   0
コスモスの花と優しい木組みの家! - バーゼル地方

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

コスモスの花と優しい木組みの家! - バーゼル地方

スイスでは点々と木組みの家が存在するが、特にトゥールガウ州の農家では多くは木組みの家である。本日は、自宅から数kmの範囲にある、隣接するSolothurn/ソロトゥルン州の木組みの家をご紹介。初めて、この道を通ったとき、この木組みの家が銀行であるとは気が付かなかった。メイン通りからコスモスの花に誘われて・・・裏のお庭のほうをのぞいてみても、う~ん、銀行だとわかっていたもイメージがまだわかない。おまけに屋根の下...

12, 2021   0
一房の葡萄!- 葡萄薫るカラフルな小径

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

一房の葡萄!- 葡萄薫るカラフルな小径

10月初旬、義理の両親に誘われて初めて訪れた町、Twann/トゥワン 。当時、バーゼルでは青空が広がっていたのに・・・ベルンを過ぎてから段々と曇り空が広がってきた。ビール湖か一望できる北部の葡萄畑をほぼビール湖に沿って西南の方角へ歩く💦目的はLa Neuveville/ラ・ヌーヴヴィル(ベルン州のフランス語圏)※ Rebenweg (葡萄の木の小径)駅近くでは、葡萄の甘い香りが漂っている。ちょうど収穫の時間帯と重なった。。。周りに...

08, 2021   0
Category  BE ベルン州
秋の甘~いお話!- スイスの卓越したデザート

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

秋の甘~いお話!- スイスの卓越したデザート

秋の甘~いお話!「マドモアゼル、ヴェルミセル!」「お嬢さん、甘いスパゲッティ(※1)はいかが?」甘い罪をおかしたくなるスイスの秋のデザート!🌰栗のピューレから作られた、≪Vermicelles/ヴェルミセル≫。≪スイスの食の遺産≫の一つである≪ヴェルミセル≫。典型的なスイスのデザートであり、近隣諸国ではあまり登場しない。栗の木がたくさんあるイタリアでも、≪ヴェルミセル≫がテーブルに並ぶことはめったにない。オーストリアでは...

06, 2021   0
最も簡単で最も美味しい!- 奇跡の出会い

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

最も簡単で最も美味しい!- 奇跡の出会い

「奇跡の出会い」と、かなり大げさなタイトルをつけてしまったが・・・💦驚くほど簡単に作れて、感動の美味しいスープ(ポタージュ)ができた!なぜ、今まで自分で作らなかったのだろう・・・と。前回に引き続き、🎃カボチャの話題!10月に入り、カボチャ市場を再度訪れると、🎃ハロウィンをスキップして、🎄カボチャ・デコレーション!!🎄オーナメントは可愛いカボチャ♬📌さて本題に入る前に・・・備忘録としてカボチャは大きく分ける...

02, 2021   0
パンプキン・パラダイス! - 人の心を温める季節

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

パンプキン・パラダイス! - 人の心を温める季節

バーゼル地方で最大のカボチャの産地、Bottmingen/ボットミンゲンの農家では、250種類以上ものカボチャの品種を育て、年間約100トンのカボチャが生産されている。手のひらサイズから一人では持てないほどの大きさまでたくさ~んのパンプキン・パラダイス!🎃🎃🎃🌻お花畑のヒマワリは最後の役目を果たしていた。残念ながら、今年と昨年、2年連続、カボチャ祭はコロナウィルスの影響でキャンセルとなったがマーケットは11月末まで開催...

28, 2021   0
スイスならではの絵本のようなメニューカード!

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

スイスならではの絵本のようなメニューカード!

ルツェルン湖が見える冒険の旅で、初めて訪れたホテルレストランの思い出!スイスならではのメニューカードに釘付け👀!!ちょうど4年前になるかなぁ。。。Ennetbürgen/エンネットビュルゲン(ニドヴァルデン準州)のAlpabzug/アルプアップツーク(牧下り)の牛さんたちを見て楽しんだあと・・・予定にない冒険の旅が始まる💨約2kmハイキングし、Buochs/ブオーフスからバスに乗り、スイス連邦の発祥の地であるRütli/リュトリの丘の...

26, 2021   0
Category  UR ウーリ州
時の街でタイムトラベル!

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

時の街でタイムトラベル!

Cité du Temps/シテ・デュ・タン(時計の街)で、タイムトラベル!Planet Swatch/プラネット・スウォッチ    &Omega/オメガの博物館である。平日の午後遅くということもあり、ゲストは私たち二人だけであった。エントランスで軽い説明を受け・・・エレベーターで上階へ↑各階にはまた別のスタッフの方がいて、ていねいに挨拶をしてくれる♪他のゲストがいない・・・何だか、VIP気分のようであった(入場無料なのに☺)⌚プラネ...

24, 2021   0
Category  BE ベルン州
玉手箱のような歴史を感じる町!

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

玉手箱のような歴史を感じる町!

12世紀からの歴史ある、美しいアーレ川の南北に小さな弧を描いたように広がる町、Büren an der Aare/ビューレン・アン・デア・アーレ。≪↑📷アーレ川の東側から見る旧市街↑≫≪↓📷アーレ川の西側から見る旧市街↓≫北から南へ、木製の橋を渡ると・・・歴史を垣間見る古い町並みが見えてくる。●地点から時計と反対周りに歩く♪...♪歴史の中心部には、四季を感じる壁画のある古城、Schloss Büren/ビューレン城。他の旧市街に見られるような典...

21, 2021   0
Category  BE ベルン州
メディアに最も注目される鳥!- ある水鳥の宿命

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

メディアに最も注目される鳥!- ある水鳥の宿命

「この鳥ほど、多くのメディアの注目を集めている鳥は 他にはほとんどいない。」 ・・・と言われるほど、脚光を浴びている鳥!秋色のアイシャドウが少しキツイから??いやいや・・・在来種ではないための苦悩物語💦Nilgans/ニルガンス(独語)という名の鳥は、スイスでよく繁殖してる鳥。※和名:エジプトガン ライン川の町バーゼル市内、郊外でもよく見かける鳥である。私の体験からすると・・・この鳥は人には非常にフレン...

19, 2021   0
新しい時の流れ!- 日本人が手掛けた建築の美

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

新しい時の流れ!- 日本人が手掛けた建築の美

これはすごい!写真で見るよりもはるかに素晴らしい建築だと感じた!この建物の美しい流線型は、美しい時の流れを感じさせる。Swatch/スウォッチの本社の話題は当ブログでも、オリンピックに関連して触れたが・・・ 私が初めて、日本人の建築がBiel/ビールに登場すると知ったのは2014年9月にバーゼルで開催された和楽で知り合ったアメリカ人のご夫妻からの情報だった。そして、2015年4月に訪れたとき・・・まだまだ基礎工...

16, 2021   0
Category  BE ベルン州