menu
「小さなスイス」で大きな心のこもった挨拶!

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

「小さなスイス」で大きな心のこもった挨拶!

スイス国内で「小さなスイス」と呼ばれている州がある。スイスの公用語は4つ(スイス全体での割合:2018年調査)。1.ドイツ語  (62.2%)2.フランス語  (22.9%)3.イタリア語  (8.0%)4.ロマンシュ語  (0.5%)📝1938年ロマンシュ語をスイスの公用語に含むか否かの国民投票の結果、なんと、少数派のロマンシュ語を話す人のために91.6%もの同意が得られた。しかし、ロマンシュ語を話す住民の割合は...

20, 2020   0
Category  GR
おとぎ話の道!- チェレリーナ

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

おとぎ話の道!- チェレリーナ

サンモリッツに隣接している村、Celerina/チェレリーナ。可愛い名前である。金色の夕日を見ながらおとぎ話の中にいるような道を歩く!グアルダと同様に、スグラフィット技法による家の壁の装飾が次々に目に入る。 ≪玄関≫このドアを開けながら「ただいま~♬」・・・とイメージすると何だか、ほっこりしてくる。よーく見ると、小窓の上、雨戸の周りのデザインは一つずつ違う!≪個性ある窓≫人と同じでそれぞれに窓のお化粧が違って...

19, 2020   0
Category  GR
鉄道ファンのためのカフェと博物館!- ベルギューン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

鉄道ファンのためのカフェと博物館!- ベルギューン

レーティッシュ鉄道駅には、楽しめる空間がある!アルブラ線のBergün/ベルギュン駅がその一つ。≪車窓からみるベルギュン駅≫ベルギューン駅に隣接して鉄道博物館がある!≪案内板≫ここからタイムスリップ!≪鉄道博物館の入口≫昔の駅の窓口のイメージだが、窓口横には自動券売機!?と一瞬思ったが、よーく見てみると・・・スイス(ベルン)製のドイツのチョコレートの自動販売機だった(1889年製)!≪博物館の入場券≫列車の切符みた...

17, 2020   0
Category  GR
カリジェとセガンティーニに出会った旅!- エンガディン地方

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

カリジェとセガンティーニに出会った旅!- エンガディン地方

「グラウビュンデン州のエンガディン地方で偶然、セガンティーニとカリジェに出会った♪」・・・という話をすると、・・・・・??「何言ってるの? 夢で出会ったのか?」と言われそうだが💦レーティッシュ鉄道≪RhB ABe 4/4形≫の各列車の愛称が地名に対して、≪RhB ABe 8/12形≫にはスイスにまつわる著名人の名がつけられている。  RhB ≪Giovanni Segantini/ジョヴァンニ・セガンティーニ≫(右)※左:「箱根」と同...

16, 2020   1
Category  GR
驚嘆した絶景と真珠の光!- シルス

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

驚嘆した絶景と真珠の光!- シルス

忘れられない感動!バスでSilvaplana/シルヴァプラーナからMaloja/マローヤまで行く途中、この風景が私の目に焼き付いた!・・・絶対に目の前で見てみたいと。マローヤからの戻りに途中下車してシルス湖のほうへ向かう。≪バス停付近からの風景≫ホテル前に飾られたお花は手作り感いっぱい♬空気がとっても美味しく感じる♬白いお城みたいな建物は、森の中のホテル。映画「Sils Maria/シルス・マリア」の1シーンでロビーが使用された...

14, 2020   0
Category  GR
「箱根」という名の列車に乗って!- ポントレジーナ

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

「箱根」という名の列車に乗って!- ポントレジーナ

Pontresina/ポントレジーナの朝!秋になるといつも思う。ここに住みたい・・・と。朝からたくさんのパワーをもらった気分♪≪ポントレジーナ駅≫さぁ、ポントレジーナからサンモリッツへ===駅前には・・・馬車で行けたらいいなぁと気持ちだけ・・・💦駅のホームでは・・・ヤッター♬ 「箱根」号!スイスファンの人たちにはすでに周知されていることと思うが、グラウビュンデン州の人気鉄道、レーティッシュ鉄道は 箱根登山鉄道と...

13, 2020   0
Category  GR
約17分間のワクワクルート♪-レーティッシュ鉄道アルブラ線

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

約17分間のワクワクルート♪-レーティッシュ鉄道アルブラ線

まるでテーマパークのアトラクションの乗り物に乗ったような、何が出てくるのか、ワクワクする車窓からの風景だった♬『レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観』は鉄道技術も含めて、ユネスコ世界遺産に登録されている。その中で、アルブラ線(Thusis/トゥージスとSt.Moritz/サンモリッツ間)は、美しい景観を損なうことなく、アルプスの雄大な大自然を壊すことなく切り開いた、レーティッシュ鉄道の技術も評価され...

04, 2020   0
Category  GR
丘の上の宝箱からの風景 - グアルダ

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

丘の上の宝箱からの風景 - グアルダ

レーティッシュ鉄道の可愛いグラルダ駅。駅からグアルダ村との標高差は約220m。駅に到着したとき、村行きのバスがちょうど出発したあとだったので、バスを待つ間、周辺に咲いていた可愛い花々にご挨拶♬小さな花が寄り添って♡ハートの形になっているのを発見!気分は上昇⇧しかし、まだ20分、バスを待つのは・・・歩いて200mの坂道を上る⇧となると、約40分はかかる💦そこで、思いついたのが、初のヒッチハイク👍!!バス通りで待つこ...

28, 2020   1
Category  GR
幻想的な青と朱い雲そして秋の味覚- サンモリッツ

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

幻想的な青と朱い雲そして秋の味覚- サンモリッツ

青い空と朱い雲!シュターツ湖からの戻り道、サンモリッツ湖に近づく頃には、ちょうど日が暮れかかっていた。誰もいない湖。幻想の世界のようだった♪ 空では朱い雲が飛び跳ね・・・湖面には明るい笑顔の雲を、オレンジ色の木として映し出す。透き通るような青い空間の中で、夢のような世界に入っていきそうなとき、ちょっぴり冷たい空気が私の肌に触れ、現実に引き戻される。このホテルレストランで夕食をとることにした。シ...

26, 2020   0
Category  GR
美しい秋の見せ場をつくる立役者!- サンモリッツ

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

美しい秋の見せ場をつくる立役者!- サンモリッツ

Engadin/エンガディン地方の最高の美しい秋といえば・・・黄色と緑色の木の葉がタグを組むとき!セイヨウカラマツ(落葉樹)とスイスの松(常緑樹)は秋に最強のコンビとなる!⛅⛄🌞St.Moritz/サンモリッツに⌚15時頃に到着。サンモリッツ湖の東に位置する湖、Lej da Staz(シュターツ湖)へ。行きはサンモリッツ湖の南の森を抜けてのハイキングルートを選ぶ。≪St. Karl Borromäus(聖カール・ボロメウス教会)≫このとき、空を見上げ...

24, 2020   0
Category  GR