menu
カリジェの壁画に隠されたスイスの伝統!

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

カリジェの壁画に隠されたスイスの伝統!

カリジェの絵画の中で最も目を引くものがある!≪2階(スイスでは1F)の窓に向かって左側の絵≫どこかで見たことがある!ある!と思いながら長い月日が経った。📚課題1:登場人物の正体は?先日、スイスTVでライブのトランプゲームのショーを見ていた。・・・と、そのとき、目が点になった!これだ!キングのカードと顔がそっくり。そこで私の好奇心がさらにくすぐられる。スイスの国民的カードゲームの絵柄である。スイスの≪Jass/...

26, 2020   0
Category  SH
新旧芸術の融合の美! - シュタイン・アム・ライン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

新旧芸術の融合の美! - シュタイン・アム・ライン

偶然ではなかった!スイスで最も古いファサード絵画が描かれている"Weissen Adler(白い鷲)の家"の隣、"Schwarzen Adler(黒い鷲)の家"(現在、ホテル)。シュタイン・アム・ラインの町で新しい芸術と古い芸術のディアローグを成し遂げた人物こそが、あの可愛い絵本『Schellen - Ursli/ウルスリのすず』の挿絵を描いたAlois Carigiet/アロイス・カリジェだ。絵本だが、大人が読んでも楽しめる♬≪1956年に描かれたAlois Carigiet/...

25, 2020   0
Category  SH
500年前の壁画にオードリーを思い出す

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

500年前の壁画にオードリーを思い出す

シュタイン・アム・ラインの町役場前の広場は、いつも賑わっている。この画廊のような町には、国の重要文化財として保護されている建物がかなりあるが、中でもこの壁画は約500前に描かれたもの。≪Haus zum Weissen Adler(ヴァイセン・アドラーの家)≫スイスで現存する最も古い、ルネッサンス様式のファサード絵画である。ひとつずつ目を追っていく・・・中央の画をみた途端、私の脳裏にある人物が浮かんでしまった!≪"ボッカ・デ...

24, 2020   0
Category  SH
宝石がぎっしりと!美しい画廊のような町 - シュタイン・アム・ライン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

宝石がぎっしりと!美しい画廊のような町 - シュタイン・アム・ライン

旧市街を訪れる人は皆、決まってため息をつくだろう。中世にタイムスリップといってもいいだろう。Stein am Rhein/シュタイン・アム・ライン観光の中心地に立つ、この町の守護神"聖ゲオルギオス"(独語:St.Georg(聖ゲオルク)"の像。マンホールの蓋にも聖ゲオルギオス。何だか、このマンホールの上を歩いたら罰が当たりそうな感じ。町の紋章も聖ゲオルギオス!📝マンホールの蓋のデザインと向きが反対な理由は、専門家の意見によ...

23, 2020   0
Category  SH
ライン川のほとりに隠された美しい遺産へのアクセス!

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ライン川のほとりに隠された美しい遺産へのアクセス!

私が今、立っているのは"Rheinbrücke(ライン橋)" ≪map≫。この橋の東西でウンター湖(ボーデン湖)とライン川に名称が切り替わる地点である。背景の町は、"Stein am Rhein/シュタイン・アム・ライン"要塞の町として周知されているが、このライン橋の南北で地区が二分される。ライン川をはさんで北部が旧市街となる。ライン橋をはさんで手前がライン川 - 橋の向こう側はウンター湖。≪Kloster St. Georgen(聖ゲオルゲン修道院)11...

22, 2020   0
Category  SH