menu
神話という意味を持つゲーテが見た山

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

神話という意味を持つゲーテが見た山

ゲーテが見たのはこのことか!?と、とっさに思い出した風景がある。ドイツの文豪ゲーテが何度もスイス旅行をしたのは有名な話だが、📝初めて訪れたときには、1775年の5月14日~7月22日まで滞在していた。📕ゲーテの自叙伝『詩と真実』の中で、Schwyz/シュヴィーツを訪れたとき、7月17日の朝、宿泊したホテルの窓から見えたミューテンの山のことについて触れている。『いびつな自然のピラミッドに雲が次々と浮かび上がっていた。』...

19, 2020   0
Category  SZ