menu

スイス - チョコレートタイム

森の中に佇む神秘的な湖!- ブラウゼー

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

森の中に佇む神秘的な湖!- ブラウゼー

青い目の乙女伝説!" 昔々、若い羊飼いに心を捧げた少女が住んでいた。二人は小さな湖までハイキングを楽しみ、ボートを借りて仲睦まじく一緒に過ごしていた。 ある日、羊飼いは重たい干し草を持ち帰る途中、崖から落ちて亡くなってしまった。 少女は深い悲しみのあまり、真夜中に二人で一緒に過ごした湖へ出かけ、ボートに乗って二人で過ごした楽しい日々を思い出し自分自身を慰めていた。 少女の両親は真夜中の外出に反対し...

21, 2020   0
Category  BE
「小さなスイス」で大きな心のこもった挨拶!

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

「小さなスイス」で大きな心のこもった挨拶!

スイス国内で「小さなスイス」と呼ばれている州がある。スイスの公用語は4つ(スイス全体での割合:2018年調査)。1.ドイツ語  (62.2%)2.フランス語  (22.9%)3.イタリア語  (8.0%)4.ロマンシュ語  (0.5%)📝1938年ロマンシュ語をスイスの公用語に含むか否かの国民投票の結果、なんと、少数派のロマンシュ語を話す人のために91.6%もの同意が得られた。しかし、ロマンシュ語を話す住民の割合は...

20, 2020   0
Category  GR
おとぎ話の道!- チェレリーナ

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

おとぎ話の道!- チェレリーナ

サンモリッツに隣接している村、Celerina/チェレリーナ。可愛い名前である。金色の夕日を見ながらおとぎ話の中にいるような道を歩く!グアルダと同様に、スグラフィット技法による家の壁の装飾が次々に目に入る。 ≪玄関≫このドアを開けながら「ただいま~♬」・・・とイメージすると何だか、ほっこりしてくる。よーく見ると、小窓の上、雨戸の周りのデザインは一つずつ違う!≪個性ある窓≫人と同じでそれぞれに窓のお化粧が違って...

19, 2020   0
Category  GR
鉄道ファンのためのカフェと博物館!- ベルギューン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

鉄道ファンのためのカフェと博物館!- ベルギューン

レーティッシュ鉄道駅には、楽しめる空間がある!アルブラ線のBergün/ベルギュン駅がその一つ。≪車窓からみるベルギュン駅≫ベルギューン駅に隣接して鉄道博物館がある!≪案内板≫ここからタイムスリップ!≪鉄道博物館の入口≫昔の駅の窓口のイメージだが、窓口横には自動券売機!?と一瞬思ったが、よーく見てみると・・・スイス(ベルン)製のドイツのチョコレートの自動販売機だった(1889年製)!≪博物館の入場券≫列車の切符みた...

17, 2020   0
Category  GR
カリジェとセガンティーニに出会った旅!- エンガディン地方

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

カリジェとセガンティーニに出会った旅!- エンガディン地方

「グラウビュンデン州のエンガディン地方で偶然、セガンティーニとカリジェに出会った♪」・・・という話をすると、・・・・・??「何言ってるの? 夢で出会ったのか?」と言われそうだが💦レーティッシュ鉄道≪RhB ABe 4/4形≫の各列車の愛称が地名に対して、≪RhB ABe 8/12形≫にはスイスにまつわる著名人の名がつけられている。  RhB ≪Giovanni Segantini/ジョヴァンニ・セガンティーニ≫(右)※左:「箱根」と同...

16, 2020   1
Category  GR
驚嘆した絶景と真珠の光!- シルス

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

驚嘆した絶景と真珠の光!- シルス

忘れられない感動!バスでSilvaplana/シルヴァプラーナからMaloja/マローヤまで行く途中、この風景が私の目に焼き付いた!・・・絶対に目の前で見てみたいと。マローヤからの戻りに途中下車してシルス湖のほうへ向かう。≪バス停付近からの風景≫ホテル前に飾られたお花は手作り感いっぱい♬空気がとっても美味しく感じる♬白いお城みたいな建物は、森の中のホテル。映画「Sils Maria/シルス・マリア」の1シーンでロビーが使用された...

14, 2020   0
Category  GR
「箱根」という名の列車に乗って!- ポントレジーナ

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

「箱根」という名の列車に乗って!- ポントレジーナ

Pontresina/ポントレジーナの朝!秋になるといつも思う。ここに住みたい・・・と。朝からたくさんのパワーをもらった気分♪≪ポントレジーナ駅≫さぁ、ポントレジーナからサンモリッツへ===駅前には・・・馬車で行けたらいいなぁと気持ちだけ・・・💦駅のホームでは・・・ヤッター♬ 「箱根」号!スイスファンの人たちにはすでに周知されていることと思うが、グラウビュンデン州の人気鉄道、レーティッシュ鉄道は 箱根登山鉄道と...

13, 2020   0
Category  GR
世界平和の祈願がこめられた日本庭園!- インターラーケン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

世界平和の祈願がこめられた日本庭園!- インターラーケン

教会と灯篭の和洋折衷の風景!このような風景はスイスではここだけかもしれない。📝この日本庭園は大津市からのプレゼント!!1978年:大津市とInterlaken/インターラーケンが姉妹都市となる。1995年:大津市の協力で『Garten der Freundschaft(友好の庭)』と呼ばれる、この日本庭園が造られた。スイスで初めての公の日本庭園となる。大きさとしては小さめの日本庭園ではあるが、日本庭園の分類では「築山林泉式庭園」となるそう...

12, 2020   0
Category  BE
美しい風景のオードブル!- インターラーケン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

美しい風景のオードブル!- インターラーケン

Interlaken/インターラーケンを訪れたときには立ち寄りたい場所!インターラーケン(573m)からケーブルカーで約10分、一気に約標高720m以上のHarder/ハーダー駅(1306m)へ!ケーブルカーは屋根がガラス張りになっていて、途中、トンネルを抜けるところもあるが、半円の弧を描くように上っていく。なかなかいい👍秋色に包まれた白い建物(写真右)がケーブルカー駅である。初めてスイスに訪れる人にとっては、気軽にスイスの自然を...

10, 2020   0
Category  BE
歴史に名を残す「バーゼルの鳩」の正体!

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

歴史に名を残す「バーゼルの鳩」の正体!

バーゼル市内にある、Spalentor(シュパーレン門)。📝中世の頃、シティゲートとして役目を果たしていた。壁は現存しないが、重要文化財としてスイス連邦の保護下にありスイスの中で最も美しいシティゲートの一つとみなされている。門の内側を見ると・・・壁に可愛いポストが設置してあるのに驚いた!最初は飾りかなとも思ったが、よーく見てみると、現在も立派な公共の郵便ポストである。スイスでは郵便ポストといえば、黄色いポス...

09, 2020   1
Category  BS