menu

スイス - チョコレートタイム

春の喜びを満喫できる花の夢のステージへ!

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

春の喜びを満喫できる花の夢のステージへ!

野生の花は力強い!雪が降ったあとでもちゃんと姿を残してくれていた!4月中旬に訪れたいと思っていた、Biel/ビール地方のLes Prés d'Orvin/レ・プレ・ドルヴァン。今年もまた、ラッパスイセンの花の夢を見たかった! ただ、約10kmのハイキングをするためには、私には休憩するレストランが必要だった。幸いなことに、今月24日から営業を再開するレストランの情報を知り、花が咲き誇る夢の世界へ💨ビール駅からバスで約25分...

30, 2021   0
Category  BE ベルン州
ピンクの月!- スーパームーン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ピンクの月!- スーパームーン

明るい夜!そして大きな満月!自宅庭から見えた大きく輝いた月!スイスでは26日の朝、5時半に満月が登場した。そして26日の17時過ぎに、月は地球に最も近づいた。📌「地球までの距離は1か月間絶えず変動するので、距離が短いと、月の直径は平均より約7%大きくなる。面積が大きいため、地球から見ると月も明るく見える。」ースイスのニュースよりー満月は眠れない夜を作る。煌々と輝き続ける。自宅の部屋の中から庭を見ると、まるで...

28, 2021   0
Category  スイスの天気
チューリップの季節にやってきた珍しい鳥!

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

チューリップの季節にやってきた珍しい鳥!

バーゼル地方では気温が上がったと思うと、「待ってました!」と言わんばかりにいろんな顔のチューリップがいたるところで見られる♬≪隣町の葡萄畑に咲く野生のチューリップ≫≪ご近所の赤いチューリップ≫≪我が家の庭では・・・⚘黄・赤・紫・白⚘≫ 一本だけ花びらの一部を赤く染めたような花が咲いている。不思議!こちらは不思議ではない☺😺ネコちゃんの日よけ傘☂こちらは不思議ではない☺これも、可愛い名前のついたチューリップ! K...

23, 2021   0
科学と職人技に出会う時の部屋!- ル・ロックル

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

科学と職人技に出会う時の部屋!- ル・ロックル

オブジェクトの美しさ、細部への配慮、そしてそれらが表す技術力!ル・ロックルの時計製造博物館の2階には4人が寄贈または遺贈してくれた素晴らしいコレクションの部屋がある。その中でもここのハイライトと言える部屋・・・≪Maurice-Yves Sandoz/モーリス=イブ・サンドの部屋≫📌バーゼル出身のモーリス・サンドについてNovartis/ノバルティスAGの前身の会社、Sandoz/サンド社の創設者の一人である、Edouard-Constant Sandoz/エド...

19, 2021   0
時と美しさの世界に導かれる旅 - ル・ロックル

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

時と美しさの世界に導かれる旅 - ル・ロックル

緑に囲まれた静かな環境の中で18世紀の時計職人の豪華な邸宅 "Château des Monts/シャトー・デ・モン"では、今も時を刻んでいる。≪Le Locle/ル・ロックル駅≫駅からは、スイス国旗のロゴが入った、有名な時計メーカー、Tissot/ティソのビルがすぐ目に留まる。駅近くのバス停からバス利用もできるが、駅から約1km、Château des Montsへ向けて歩くことにした!近づくにつれて緑の静かな景色が広がる。📌1780年から1790年の間:こ...

16, 2021   0
幸せの黄色い花の海!- テット・ドゥ・ラン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

幸せの黄色い花の海!- テット・ドゥ・ラン

黄色い花の海!黄色い花の楽園!イースター頃からジュラ山脈の周辺では「ラッパスイセンはすでに咲いてるよ!」という情報を耳にしていた。数日前も、Tête de Ran/テット・ドゥ・ランでハイキングした人からも「ラッパスイセンの開花」情報を入手。そこで、数年前の4月下旬に訪れたときの幸せ~な気分が心の中にあふれ出す♬どこまで続くのだろうと?黄色い海のように広がる、野生のラッパスイセン!Tête de Ran/テット・ドゥ・ラ...

14, 2021   0
地元の珍味!- ツーク

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

地元の珍味!- ツーク

ツークの町の⏱時計塔(Zytturm)の下に立つ!私が抱いていた今までのツークのイメージをまとめると・・・◆タックス・ヘヴン(税率が低い)◆ビット・コインのATMがある。◆スイス初の仮想通貨による税金の支払いが今年から可能。◆ツーガー・キルシュトルテが有名。 ・・・しかし、訪れてみるとカトリック教徒が多いせいか、尖塔のある建物が目立ち、旧市街の狭い路地などはかなり面白い♬本日は、ツークのランドマークとなって...

12, 2021   0
Category  ZG ツーク州
愛のシンフォニーのメロディを感じる素敵な庭園!- ヌーシャテル

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

愛のシンフォニーのメロディを感じる素敵な庭園!- ヌーシャテル

この美しい建物は18世紀に建てられた、ベルン出身の建築家によるもので、ジャン=ジャック・ルソーの友人で、なおかつ、遺言執行者でもあったPierre-Alexandre DuPeyrou/ピエール・アレクサンドル・デュペイロウの邸宅だったそうだ。ヌーシャテル湖までの花の道を楽しんだあと、町を散策しているとき・・・偶然、この豪華な門構えの家に出くわした。私が訪れたときは、人の姿が見つからない時間帯だった。中へ進んでいくと・・・ま...

09, 2021   0
デジャヴ!- イースターと4月の天気

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

デジャヴ!- イースターと4月の天気

天気に関することわざ/農民のルールに"April, der macht was er will."という、農民の知恵ともいえる、長い歴史の中で作られたもの。「4月は好き勝手なことをする。」人も天気も同じ、わがままな性格は要注意だ。要は、「4月の天気は不安定なこと」を意味する。農家では、ポカポカ陽気だからといって安心してはいけない。1日で気温が低下して霜災害も予防しなければならない。最初の写真のとおり、🌞イースター(4月4日)前には心...

07, 2021   0
Category  スイスの天気
春に想う花の道!- ヌーシャテル

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

春に想う花の道!- ヌーシャテル

美しい花を見ると笑顔になる。美しい花を見ると癒される。4月に入るといつも思い出すのが、ヌーシャテルの"花の道"。ヌーシャテル湖を舞台だと想定すると、湖へ向かう途中、お花がたくさん咲いている花道・・・"花の道"に出くわす♬📌正式には、Jardin Anglais/ジャルダン アングレ(仏語)という、イングリッシュガーデンの中を通るわけであるが、とても癒される空間である。ヌーシャテル駅からケーブルカーを利用して3分。ケーブ...

06, 2021   0