menu

スイス - チョコレートタイム

パンプキン・パラダイス! - 人の心を温める季節

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

パンプキン・パラダイス! - 人の心を温める季節

バーゼル地方で最大のカボチャの産地、Bottmingen/ボットミンゲンの農家では、250種類以上ものカボチャの品種を育て、年間約100トンのカボチャが生産されている。手のひらサイズから一人では持てないほどの大きさまでたくさ~んのパンプキン・パラダイス!🎃🎃🎃🌻お花畑のヒマワリは最後の役目を果たしていた。残念ながら、今年と昨年、2年連続、カボチャ祭はコロナウィルスの影響でキャンセルとなったがマーケットは11月末まで開催...

28, 2021   0
スイスならではの絵本のようなメニューカード!

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

スイスならではの絵本のようなメニューカード!

ルツェルン湖が見える冒険の旅で、初めて訪れたホテルレストランの思い出!スイスならではのメニューカードに釘付け👀!!ちょうど4年前になるかなぁ。。。Ennetbürgen/エンネットビュルゲン(ニドヴァルデン準州)のAlpabzug/アルプアップツーク(牧下り)の牛さんたちを見て楽しんだあと・・・予定にない冒険の旅が始まる💨約2kmハイキングし、Buochs/ブオーフスからバスに乗り、スイス連邦の発祥の地であるRütli/リュトリの丘の...

26, 2021   0
Category  UR ウーリ州
時の街でタイムトラベル!

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

時の街でタイムトラベル!

Cité du Temps/シテ・デュ・タン(時計の街)で、タイムトラベル!Planet Swatch/プラネット・スウォッチ    &Omega/オメガの博物館である。平日の午後遅くということもあり、ゲストは私たち二人だけであった。エントランスで軽い説明を受け・・・エレベーターで上階へ↑各階にはまた別のスタッフの方がいて、ていねいに挨拶をしてくれる♪他のゲストがいない・・・何だか、VIP気分のようであった(入場無料なのに☺)⌚プラネ...

24, 2021   0
Category  BE ベルン州
玉手箱のような歴史を感じる町!

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

玉手箱のような歴史を感じる町!

12世紀からの歴史ある、美しいアーレ川の南北に小さな弧を描いたように広がる町、Büren an der Aare/ビューレン・アン・デア・アーレ。≪↑📷アーレ川の東側から見る旧市街↑≫≪↓📷アーレ川の西側から見る旧市街↓≫北から南へ、木製の橋を渡ると・・・歴史を垣間見る古い町並みが見えてくる。●地点から時計と反対周りに歩く♪...♪歴史の中心部には、四季を感じる壁画のある古城、Schloss Büren/ビューレン城。他の旧市街に見られるような典...

21, 2021   0
Category  BE ベルン州
メディアに最も注目される鳥!- ある水鳥の宿命

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

メディアに最も注目される鳥!- ある水鳥の宿命

「この鳥ほど、多くのメディアの注目を集めている鳥は 他にはほとんどいない。」 ・・・と言われるほど、脚光を浴びている鳥!秋色のアイシャドウが少しキツイから??いやいや・・・在来種ではないための苦悩物語💦Nilgans/ニルガンス(独語)という名の鳥は、スイスでよく繁殖してる鳥。※和名:エジプトガン ライン川の町バーゼル市内、郊外でもよく見かける鳥である。私の体験からすると・・・この鳥は人には非常にフレン...

19, 2021   0
新しい時の流れ!- 日本人が手掛けた建築の美

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

新しい時の流れ!- 日本人が手掛けた建築の美

これはすごい!写真で見るよりもはるかに素晴らしい建築だと感じた!この建物の美しい流線型は、美しい時の流れを感じさせる。Swatch/スウォッチの本社の話題は当ブログでも、オリンピックに関連して触れたが・・・ 私が初めて、日本人の建築がBiel/ビールに登場すると知ったのは2014年9月にバーゼルで開催された和楽で知り合ったアメリカ人のご夫妻からの情報だった。そして、2015年4月に訪れたとき・・・まだまだ基礎工...

16, 2021   0
Category  BE ベルン州
芸術を食する!- バーゼル郊外の城

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

芸術を食する!- バーゼル郊外の城

バーゼル郊外のお城、緑の木の葉で覆われたレストランのテラス席に座る。時折、私のそばで一枚の木の葉が優しく舞い落ちる、そして、肌に感じる優しい風は秋の訪れるを伝える。お気に入りのHugo/フーゴという、カクテルであるが、清涼飲料水のような爽やかな喉越しで、シェフお任せのランチを待つ。お堀に目をむけると・・・ほとりでは、🦆カモのバレリーナの姿!お堀の中では、オオバンとエジプトガンの親子が自由な世界で泳いでい...

14, 2021   0
アーレ川の美しさから得るもの!- サイクリング

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

アーレ川の美しさから得るもの!- サイクリング

天気が良いと外へ出てみたくなる。旅で費やす時間の中では、時間の経過とともに、心の中にある霧状のものは一掃されて心が晴れてくる。コロナ恐慌だからこそ、できることがある。得られるものもある。負+負=正今まで、アウトドアといえば、山のハイキングが主流であったが、今は普通に、自転車ツアーが優先順位として頭に浮かぶ。身体を動かしながら自然に目を向けていると、見えない部分が見えてきて、今まで知らない自分が顔を出...

13, 2021   0
Category  BE ベルン州
イタリアとスイスが融合された白亜の聖堂!- ソロトゥルン

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

イタリアとスイスが融合された白亜の聖堂!- ソロトゥルン

スイス最大の美しいバロック都市として有名なSolothurn/ソロトゥルン訪れたとき、最初に印象的だったのは、やはり、この白い聖堂だった!📌この聖堂の建築を手がけた人物は、ティチーノ州(※)アスコーナ出身のGaetano Matteo Pisoniと彼の甥にあたる、Paolo Antonio Pisoni。※スイスイタリア語圏彼らはイタリアの建築様式を用いて、外壁はソロトゥルンの大理石を使用し、この聖堂を建築されたそうだ。旧市街の中から見る聖堂はとても...

11, 2021   0
月と太陽そしてブロンズカラーの湖!

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

月と太陽そしてブロンズカラーの湖!

日の出直前の湖畔の散歩!6時頃、西の空を見上げると、まだくっきりと姿を見せていた満月。ブルーアワーの空の色は、格別に美しい!そして東の空には、太陽が昇り始めていた。一日の始まりの光が空に広がっていく・・・。薄いグレー色の雲のベールがかかっていたせいか、初めて体験するブロンズ色に輝く湖!さらに、グレー色の雲の中でも太陽は、自分の存在をしっかりとアピールしている。徐々にグレー色の雲は白色に変わり、空が...

10, 2021   0