menu
              

鉄道ファンのためのカフェと博物館!- ベルギューン

       
          
2020117-02.jpg



レーティッシュ鉄道駅には、楽しめる空間がある!
アルブラ線のBergün/ベルギュン駅がその一つ。


≪車窓からみるベルギュン駅≫
2020117-01.jpg



ベルギューン駅に隣接して鉄道博物館がある!


≪案内板≫
ここからタイムスリップ!
2020117-04.jpg




≪鉄道博物館の入口≫
2020117-05.jpg


昔の駅の窓口のイメージだが、
窓口横には自動券売機!?と一瞬思ったが、
よーく見てみると・・・
スイス(ベルン)製のドイツのチョコレートの自動販売機だった(1889年製)!


≪博物館の入場券≫
20201117-014.jpg

列車の切符みたいな入場券で、
厚い紙でできていて、鉄道員のデザインもなかなかいい👍
※サイズ:縦5.5cm×横3cm


博物館のスタッフの愛情たっぶりと時間をかけて
作られたに違いないと思わせる雰囲気で
鉄道写真や古いポスターなどの展示があったり、
スタッフによる説明などいろいろと楽しめるが、
列車のミニモデルに惹きつけられる。



秋の季節に合わせての
黄葉の木々でのデコレーション🍂
2020117-12.jpg



鉄道王国スイスに生まれ育ったスイス人の多くは
小さい頃からスイス鉄道に興味を持ち、
列車のミニモデルで遊びながら育つ。


男たちのロマン!
スイス人にとっては小さい頃の記憶が蘇る場所。


≪ベルニナ線のハイライト
Kreisviadukt Brusio(ブルージオのループ橋)」≫
2020117-06.jpg



おそらく、地元の鉄道ファンであれば
すぐに列車の名を当てることができるであろう・・・。(私には皆無💦)
2020117-07.jpg



あっ、そのとき!!
私にわかるものがあった!!!


ピラトゥス鉄道
2020117-08.jpg


グラウビュンデン州ではないが、
やはり世界一急勾配の列車は、背景はピラトゥス山のイメージ!



≪鉄道ファンのためのカフェ≫
2020117-09.jpg



インテリアは昔の列車で使用していた座席が使われていて、
座り心地は良かった👍


もちろん、時計は駅やホームで見かける、
MONDAINE/モンディーンの鉄道時計「Stop To Go


壁には駅帽が飾ってあり、
スポンサーと思われる名前が刺繍してある。
2020117-010.jpg



ショップには鉄道関連グッズがたくさん。
20201117-15.jpg



他にもグラウビュンデン州で生まれた
「ハイジ」「ウルスリのすず」の絵本なども👍
2020117-11.jpg



列車を待つ間、退屈しない駅である。


私はケーキと一緒にハーブティを楽しむ♬
2020117-13.jpg


5種類のハーブがミックスされているハーブティ☕。
とっても美味しかった👍

このハーブティの名は「Allegra/アレグラ」!

≪RhB ABe 8/12形≫の列車の総称も≪Allegra/アレグラ≫!
このハーブティのおかげで、ついにアレグラの意味がわかった!・・・つづく

📌旅メモ
Bahnmuseum Albula in Bergün ≪map

swissflag.gif   swissflag.gif   swissflag.gif 

最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
ほんの少しでも・・・あなたのこころにスイスが近くに感じられたら.....
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
smile_suisseflag.gif inoreader_3


関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.