menu
              

子どもたちが旅に出るとき!- バーゼル

       
          
20201125-03.jpg


バーゼルの秋まつり開催時(※今年は中止)には
多くの小さな子どもたちが白馬に乗って旅をする!

book.gifarticle_112.png



これらの白馬は
ドイツのフランクフルトの森からやってきた。
20201125-04.jpg



20201125-05.jpg



ある小さな男の子は、
白馬にまたがる前まで緊張している様子だった。
20201125-06.jpg



だが、母親とつないでいた手を放し、一人で白馬に乗る!
王子さまになった気分!?


白馬が動き始めたとき・・・
小さな男の子は自信を持ったかのように、
誇らしげに、腕を伸ばし片手を大きく空に向け、
母親に「ハロー!✋」と挨拶をする。

まるで小さな騎士のように。


📝18世紀、若い騎士の間では
カルーセルを利用して、ギャロップで槍を持って
梁からぶら下がっているリングを槍で突き刺すという、
ライディングスキルを訓練していたそうだ。



💗小さな子どもたちは、
カルーセルが回転するたびに
風船のように大きな夢が膨らむ🎈


心が躍動し
同じように夢を感じ始めた
白馬に乗っている仲間の姿を
同じ速さで追いかける💨
20201125-009.jpg



不思議と大人になると忘れてしまう、
子どもの頃に抱いた最初の夢、
人生の旅の第一歩である。

20201125-08.jpg



🍂木の葉が優しい風とともに
ひらひらと子どもたちの前に落ちていくとき、
甘い香りが漂う。


その甘い香りは母親の心の中に入り込んだ。

母親の心も躍動する001.gif
そして、忘れていた子どもの頃の夢が
一瞬、脳裏を横切る。


そして、母親は思う・・・

「人生はメリーゴーランド!」
20201125-02.jpg


時には上昇し、時には下降し、
しばしば人にとっては速すぎる。
だが、時にはそれは駆け足でしか前に進むことができない。
だから、その一瞬一瞬を楽しむことが大切である・・・と。


そして、
何度も何度も
目の前を通り過ぎては現れる子どもたちの笑顔を見ると、
目を覚ましたかのようにうなづく。
今を楽しむことが一番大切だと確信する。

20201125-07.jpg



💛二組のご年配のカップルも白馬に乗っていた。

一組は階段を上った白馬を選ぶ。
女性の背後の白馬に男性が乗って、彼女を見つめている。

もう一組は階段下で仲良く肩を並べて白馬に乗っている。

皆、小さな子どもたちと同じく、終始、笑顔になっていた。



💗子どもたちは、無限大の夢を抱きながら旅に出る。

💛大人たちは、夢の回転木馬に乗った子どもの頃を思い出す。
今までの旅を振り返り、
さらに、忘れていた心の旅に出る。


白馬は一度に長くは走れない。
小さなどもたちの小さな旅が終わると
母親の胸の中でさらに母親の愛を感じる。

このカルーセルは
一番大切なものを愛する者たちへの小さな旅である。


たくさんの笑顔を見ていた私も
とてもいい気分になった001.gif

観覧車は"微笑み"
絶叫マシーンは"驚きの笑顔"
カルーセルは"幸せあふれる笑顔"
そして周りの人たちに"幸せを与える笑顔"



東の空を見上げると・・・
木の葉は空に青いハートの窓💙を作っていた。
20201125-10.jpg



東風は吹いていなかったが・・・
木陰でそっと
メリー・ポピンズが子どもたち皆の幸せを
祈ってくれているような・・・
メルヘンな気分にもさせてくれたひとときであった♬

20201125-01.jpg


カルーセル、メリーゴーランド、回転木馬・・・

自分を愛し、自分の家族を大切に
そして、自分の人生を楽しもう!

📌旅メモ
Autumn Fair Basel : 次回2021年10月23日~11月7日予定
Petersplatz/ペータースプラッツ ≪map

swissflag.gif   swissflag.gif   swissflag.gif 
最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
ほんの少しでも・・・あなたのこころにスイスが近くに感じられたら.....
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 

smile_suisseflag.gif inoreader_3



関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.