menu
              

アイガーのモルゲンロート - グリンデルワルト

       
          
DSCN9578.jpg

早朝にEiger/アイガー山頂に射す朝一番の光をゆっくりと楽しむ!

スイスの旅情報でモルゲンロートといえばマッターホルン!?と、結び付ける人が多いと思うが、
004.pngモルゲンロートの語源はドイツ語のMorgenrot朝焼けの意味。
Morgen/モルゲン(名詞:朝)+rot/ロート(形容詞:赤い)

Morgenrotとネット検索すると、夜明け前の東の空が赤みがかった色の風景写真が出てくる。
美しい情景にうっとり。

ただし、農民の天候や収穫に関する格言(観天望気)によると、必ずしもというわけではないが、
"朝焼けをみると、その日の夕方には雨をもたらす"という予測がある。

マッターホルンのモルゲンロートのネット検索すると、
山頂が黄金色に輝くマッターホルンがたくさん登場する。
しかし、アイガーのモルゲンロートで検索すると、、アイガー上空の朱く染まった空の写真が登場する。

・・・前置きが長くなったが、
スイスのツーリズムの仕掛けにはまってみることにしよう。

Grindelwald/グリンデルワルトに宿泊したとき、
幸運にもアイガーのモルゲンロート見ることができた!
早朝は快晴、月がくっきりと見えていた。

003.gif5:05頃 ブルーアワー(南の方角)
静寂の中で魅惑の青い空とアイガー(3,970 m)のコラボを楽しむ。
DSCN9574.jpg

003.gif5:45頃 月がアイガーの山頂の真上付近に動く。
DSCN9584.jpg


南東の方角に目をやると・・・これもすごい!
そこには、Schreckhorn/シュレックホルン(4,078 m)のモルゲンロート
DSCN9579.jpg


003.gif5:55頃
空がだいぶ明るくなり、すがすがしい朝の雰囲気に包まれる。
DSCN9588.jpg

余談だが、夜にはアイガー北壁に3つのが点在していた。
山小屋の明かりだと思うが、非常に印象的であった。

静寂の中でのこれらのシーンは格別なものであり、なおかつ貴重な体験であった。


131.gif旅メモ
宿泊地: Alpinhotel Bort, Grindelwald(Bort/ボルト駅からすぐ)
朝食: 8時からスタート(7月初旬に滞在時)
※チェックアウト後、First/フィルストへ向かうときには
荷物はグリンデルワルトのロープウェイ駅にて受け取り可能。
※受付:ボルト駅のスタッフに口頭にて。


swissflag.gif   swissflag.gif   swissflag.gif 

最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
ほんの少しでも・・・あなたのこころにスイスが近くに感じられたら.....
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング

##スイス ##グリンデルワルト ##アイガー/メンヒ/ユングフラウ ##山 #海外旅行 #ヨーロッパ #Switzerland #Grindelwald #Eiger/Mönch/Jungfrau 
20200708
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.