menu
              

ナポレオンの運命に左右された町!- カルージュ

       
          
20210124-02.jpg



ジュネーヴへ以前、訪れたとき、
ジュネーヴからトラムで約15分(最速)、
面白い歴史を持つ町に訪れてみたくなった。


過去の歴史から
サルデーニャの都市』の愛称でも親しまれている、
Carouge/カルージュ


冒頭の写真に写っているお店は
カルージュで最も古いレストランの一つ、
18世紀初めから言及される歴史あるレストラン


カルージュの町は
ナポレオンの運命に左右されたとも言える、
ジュネーヴのダウンタウンである。


📌現在、ジュネーヴ州の首都はGenève/ジュネーヴだが、
歴史を振り返ってみると・・・

1780年5月2日
ジュネーヴ地方の首都となり商業都市として急速な発展を遂げた。


1786年1月31日
カルージュの紋章は235年前に「都市」として確立するために
与えられたもの。
carouge-1.png


1792年
ナポレオンの運命とともに
ジュネーヴとともにフランスの旗フランスに併合。

1814年5月
ナポレオンがエルバ島に配流されて以来、
イタリアの旗サルデーニャ王国⇒フランスの旗フランス⇒イタリアの旗サルデーニャ王国
と併合が繰り返された。

1815年
スイスでは2番目に遅い第25番目のカントン(州)として
ジュネーヴ州がスイスの旗スイス連邦に加わる

1816年3月16日
トリノ条約によって、既にスイス連邦に加盟していた
ジュネーヴ州の一部となることが決定される。


カルージュ旧市街の町並みは
北イタリアの影響を受けている建物が多く存在するそうだが、
スイスイタリア語圏のティチーノ州ともまた違った雰囲気である。

住民の半数以上はフランス人で
言語もフランス語が多く話されている。



イタリアのローマにあるお店と同じ名前の看板を見つけた。
(※ローマ:🍰洋菓子店、カルージュ:🍴レストラン)
20210124-13.jpg



Marché/マルシェ駅のすぐ近くの教会
Eglise Sainte-Croix/サント・クロワ教会。
20210124-03.jpg


とても静かな雰囲気であるが、
この教会の前の通りを渡ったマルシェ広場では
市場も開催され賑やかになるようだ(3日/週)。


こちらは、マルシェ駅から100mも離れていない、
可愛いお店が立ち並ぶRue Saint-Joseph/サン・ジョセフ通り。
20210124-01.jpg



お店の看板もキュート♪
スイスドイツ語圏の看板ともまったく雰囲気が違う。

20210124-08.jpg


20210124-09.jpg


20210124-10.jpg



さらに、カフェの隣に見つけた、ユニークな看板!
20210124-07.jpg



フランスの諺!?
自分を愛しなさい、人生はあなたを愛します!!!
※同じタイトルのフランス語の心理学の本があるが・・・
20210124-06.jpg


ジュネーヴとは全く違った雰囲気だと感じる。
小さい町だが、文化的施設、教会などいくつも
国の重要文化財に指定されている。

観光ガイドブックにはあまり登場しない、
スイスの小さな町を訪れると、いつも何だかとても楽しい。

📌Rue Saint-Joseph ≪map
    Marchés de Carouge ≪map
        

swissflag.gif   swissflag.gif   swissflag.gif 

最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
ほんの少しでも・・・あなたのこころにスイスが近くに感じられたら.....
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
smile_suisseflag.gif inoreader_3


関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.