menu
              

スイスチョコで作る冬のデザート!- ベルン

       
          
20210201-01.jpg



冬の季節に作りたいデザートの一つ、
チョコレートムース♬
20210201-03.jpg



使用したチョコレートは、日本でもお馴染みの
Toblerone/トブラローネのダークチョコレート。

20210201-00.png



「トブラローネ」は1908年に発明され、
110年以上もの歴史あるチョコレートである。

📌「Toblerone」の名前について
考案者:Theodor Toblerの名前から "Tobler/トブラー"
そして、蜂蜜とアーモンドのヌガー"Torrone/トローネ(イタリア語)"を
組み合わせて、が重なり合って作られた、
ちょっとお遊び的な名前である。

📌マッターホルンが初めて、
パッケージに登場したのは1970年

📌現在のマッターホルンが
パッケージの前面に表示されるようになったのは2000年

20210201-04.png


そして、話題になったこのマッターホルンのデザイン!
何が見える?
20210201-06.jpg


トブラローネの考案者はトブラーはベルン出身。
唯一のチョコレート工場もベルンにある。


マッターホルンはスイスのシンボルの山。
そして、ベルンのクマが隠れている!

20210201-05.jpg


ベルンの紋章
Wappen-Bern.png


ベルン市内を歩くと気が付くと思うが、
いたるところにベルンのクマを見かける。
20210201-02.jpg


20210201-08.jpg
※アーレ川:ベルン大聖堂広場からの眺め


もちろん、本物もクマも♪
ベルン中心部、アーレ川のほとりに住んでいる。
20210201-07.jpg
※4月初旬:Bärenpark/ベーレンパルク(熊公園)


・・・ということで、前置きが長くなったが、

🥄元祖 チョコレートムース レシピ🥄
≪材料≫
ダークトブラローネ 300g
卵 2個
粉砂糖 大さじ2
生クリーム 4dl

≪作り方≫
1.トブラローネを細かく砕いてボウルに入れる。
あまり熱くないお湯(50-60°C)で溶かす。

2.ボウルを取り出し、滑らかになるまでチョコレートをかき混ぜる。 

3.別のボウルで卵と粉砂糖を泡立つまで泡立て、
すぐにチョコレートに加え、すべてをよく混ぜる。 

4.生クリームが固くなるまで泡立てて、
クリーミーなチョコレートと注意深く混ぜ合わせる。

5.ムースをラップで覆い、3〜4時間冷蔵する。
1〜5°Cで一晩冷やすのがベスト。 

盛り付け:
2つのスプーンでムースを切り取り、
デザートプレートに配置し、必要に応じてクリームとフルーツで飾る。

※ダークではなくホワイトのトブラローネを使って
2色のチョコレートムースを作るのもアイデアの一つ!

自分のお好みの味のトブラローネを使ってみるのもよい!


swissflag.gif   swissflag.gif   swissflag.gif 

最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
ほんの少しでも・・・あなたのこころにスイスが近くに感じられたら.....
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
smile_suisseflag.gif inoreader_3


関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.