menu
              

春の気分を先取り!- バーゼル

       
          
20210203-3.jpg



毎日でも訪れたい、バーゼルの公園みたいなミニ動物園!
2月2日150歳の誕生日だった!


2月に入ると、決まってこの動物園へ訪れたくなる。
そう、春の気分を先取り!!

・・・といっても、お花などの植物ではないが、
コウノトリが戻ってくる時期!

※今年は残念ながら、新型コロナウイルスの影響で
今月末まで閉園。


そこで過去を振り返ると・・・
一番思い出が深い年、2017年も今年のように、
バーゼルにたくさんの雪が降った年だった。


太陽が顔を出したので訪れてみると、
穏やかな太陽の光を浴びる木々、
鏡のような池の風景はとても美しく・・・


ここは動物園だと一瞬忘れてしまう、
こちらも鏡のような小川の風景。
20210203-4.jpg



小川の向こうは、
アカシカ(独語:Rothirsch/ロートヒルシュ)のお庭。
※動物園のスタッフ以外は立ち入り禁止!


太陽の光に目を細めるアカシカ。
20210203-1.jpg



小川の中を覗くと、たくさんの魚たち♪
20210203-2.jpg



そして、角だけ見るとアカシカと似ているが・・・
こちらは、ダマジカ(独語:Damhirsch/ダムヒルシュ)
20210203-7.jpg



いつ見ても、
動物たち親子の触れ合いは胸がキューンとなる。
20210203-10.jpg




私の家の近所の畑では、2月にはほとんど見かけないコウノトリが、
越冬を終えて、ここでいち早く、コウノトリたちに出会うと、
春ですね~♬と思う。
20210203-9.jpg



畑ではなかなか見られない、
木から木へ飛び移る光景もここではバッチリと観察できる👍
20210203-8.jpg



動物たちみ~んな、
春の訪れを思わせる陽気の中で日光浴して
訪れる人たちを楽しませてくれていた。
20210203-5.jpg



白鳥やカモたちは池の中でスーイ、スイ。
さらに、カモの飛行と見事な水面着陸も
何度も何度も見れてかなり楽しめた👍
20210203-11.jpg



そして、何よりもすごく感動したのが、この動物!
このショットでは、かくれんぼしているような
頭しか見えていないが・・・、
20210203-6.jpg


今まで何度もこの動物園へ訪れたが、
なかなかお目にかかれなかったのに、
ついに、しっかりと観察することができたこと!

何の動物かわかるかな?
※ヒントは耳!・・・つづく
続き

📌Tierpark Lange Erlen(入場無料👍)

swissflag.gif   swissflag.gif   swissflag.gif 

最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
ほんの少しでも・・・あなたのこころにスイスが近くに感じられたら.....
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

smile_suisseflag.gif inoreader_3



20170215
関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.