menu
              

住み心地の良いスイス!- 動物保護

       
          
20210204-3.jpg


この後ろ姿は?

昨日の記事からの続きです。
book.gifarticle_174.png



ユーラシアオオヤマネコ😺
スイスに住む最大のネコ科の捕食者。


ネコ科だから、
彼らのこの舐め合っているしぐさは飼い猫を思い出す。
20210204-10.jpg



この動物園で唯一、小さいながらも滝がある場所に住んでいる。
20210204-4.jpg



≪園内マップ≫
※赤枠がオオヤマネコの敷地。
20210204-map.jpg



偶然にもフェンスの近くにやってきた!
20210204-7.jpg



初めてじっくりとリンクスを観察できた瞬間♬
フェンスの穴にカメラのレンズを近づけて・・・📷(園内map
20210204-5.jpg



この動物園にいるオオヤマネコは体重約20kg。

バーゼルの公園に住む、このリスと似たような・・・
20210204-11.jpg



耳の上に毛がピンと生えている。
ほおひげがあるのも特徴の一つ。
20210204-9.jpg



オオヤマネコはドイツ語でLuchs/ルクス
英語ではLynx/リンクスと呼ばれている。

名前は、「」を意味するギリシャ語に由来しているそうで、

🖊 鋭い観察力を持つことから下記のような表現をされる。
ドイツ語:wie ein Luchs aufpassen 「油断なく見張る」
英語:lynx-eyed 「オオヤマネコの眼をした」という表現で  「眼の鋭い」ことを表す。


😺比較!
飼い猫(我が家の😺)/ヤマネコ/オオヤマネコ
20210204-8.jpg

確かに、オオヤマネコが一番、鋭い目をしている彡


ヨーロッパヤマネコは、オオヤマネコと比較すると
飼い猫の雰囲気により近い気がする。
20210204-1.jpg



📌中央・東ヨーロッパにまたがるカルパティア山脈から
スイスへやってきたオオヤマネコ。

スイスでは一度、100年以上前に全滅したが、
1971年以来、政府の計画により、当初4頭だったオオヤマネコだが、
現在(2018年調べ)、スイス全体では約300頭住んでいるそうだ



20210204-6.jpg



📌オオヤマネコはヨーロッパでは下記3つの条約で保護されている。

絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約
ヨーロッパの野生生物と自然生息地の保全に関する条約
3. 生息地指令(FFH-Richtlinie)
自然の生息地の野生動植物の保全


📌スイスの農家では、ヒツジなどの家畜が
オオヤマネコやオオカミによる被害を受けたと証明された場合、
政府から補償を受けられる👍


これだけ聞けば、
オオヤマネコにとっては、
スイスはとっても住み心地の良いところなんだろうなぁ。

もっともっと子孫を増やして、
絶滅の危機から完全に脱していけますように。

強いては、人間の支援が必要となる!

📌Tierpark Lange Erlen(入場無料👍)

swissflag.gif   swissflag.gif   swissflag.gif 

最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
ほんの少しでも・・・あなたのこころにスイスが近くに感じられたら.....
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

smile_suisseflag.gif inoreader_3



20170215
関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.