menu
              

生命の水!丸ごと果物が入ったお酒

       
          
20210210-1.jpg


初めて見たとき、かなり驚いた!
丸ごと、フルーツが入ったお酒!
20210210-2.jpg



瓶の中で果物が育つのか!?

当時、果物は直接、太陽の下で育つという
概念のみしかなかった私は
どうやって作られているのか、興味深かった。


ここは、ヴァレー州のMartigny/マルティニ(スイスフランス語圏)
Morand/モランという、
1889年以来の130年以上の歴史ある老舗の家族経営の蒸留所で作られている。



ボトルの口にあるデザイン()は、
マルティニのシンボルともなっているお城、
Château de la Bâtiaz/バティア城
20210210-8.jpg
※9月の風景


ツーリズムなどで使用されているロゴ
20210210-11.jpg


≪バティア城から見たマルティニの風景≫
20210210-9.jpg
※写真には写っていないが、少し左に目を向けるとモランの蒸留所が見える。



風光明媚な場所で作られた
Williams/ウィリアムズと呼ばれる洋ナシ
20210210-3.jpg



果実がまだ小さいときに瓶の中に入れ、
秋、熟したときに摘み取られ、手作業で選別される。
そして、いくつかの工程を経て、美味しいお酒が登場する。
20210210-10.jpg



📌厳選された品質の良い洋ナシが丸ごと入っている、
フルーツブランデー。
フランス語では"Eau- de-vie/オー・ド・ヴィー"・・・「生命の水」と呼び、
ドイツ語では"Schnapps/シュナップス"


「生命の水」といわれるほど、無色透明)のお酒で、
一般的に食後酒として好まれる。
当記事2枚目の写真では光の加減で淡い黄色に見えるが
実際は無色透明

≪参考:HPより≫
現在は、お城のロゴがヴァレー州の高品質な商標みたいなロゴに変更になっている。
20210210-012.jpg


📌食後に御猪口ぐらいのグラスで飲むのが理想で、
消化がよくなる。

アルコール度は43%
お酒が飲めない人は、美味しい味を試すことができなくて
残念だなぁと思う。


洋ナシ自体も他の品種と比べると美味しい。
我が家の庭にも数年前にWilliamsの木を植えた。

毎年、3月下旬頃に咲く花も可愛い(我が家の庭より)
20210210-7.jpg



デザートとしては・・・
洋ナシのシャーベットにこのお酒を少し入れて作るのも
大人の味として人気がある。


スイスドイツ語圏でのレストランのメニューで
Birnensorbet mit Williams≫と書かれてあるのを見つけたら
試食してみてね~☆
20210210-6.jpg



美味しい果物から作られた、美味しいお酒を少量だけ、
食べ過ぎたなぁと思うときに飲むと、
ホントに胃の中がすっきりする(体験済み)👍


スイスでは他に🍒サクランボやアプリコットなど
いろんな果物を使ったお酒がある。

食後の上品なお酒、しかも身体にいい感覚は
スイスに来て初めて知った味🥂


swissflag.gif   swissflag.gif   swissflag.gif 
最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
ほんの少しでも・・・あなたのこころにスイスが近くに感じられたら.....
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 

smile_suisseflag.gif inoreader_3


関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.