menu
              

太陽とモルゲンロート!- マッターホルン

       
          
20210221-3.jpg


引き続き、マッターホルンの話題!
冬のマッターホルンのモルゲンロート!


ツェルマットに訪れた人々が一度は見たいという、
マッターホルンのモルゲンロート。


夏、ツェルマットに訪れてモルゲンロートを見た人にとっては
何だか、夏とは違う?・・・と気が付くでしょう!!


📌当然のことながら、太陽の位置は季節により変化する


今まで特に印象深かった、冬のモルゲンロート
1.ピンク色がかったモルゲンロート!より
2017年12月21日 Gornergrat/ゴルナーグラートより
20210221-5.jpg


🌞日の出時の太陽の位置:南東(12月21日)
20210220-171221.jpg



2.黄金色に輝くモルゲンロート!
同日
8:00~8:15~8:30Restaurant Chämi-Hitta付近より
20210221-6.jpg


20210221-7.jpg


20210221-8.jpg



3.ピンク色の空の中のマッターホルン 
2021年2月5日 Maisons Matthiol Zermatt付近より20210221-4.jpg
※スイス在住のアウトドア・サークル仲間より


≪冬のモルゲンロート:シミュレーション≫



🌞日の出時の太陽の位置:東南東(2月5日)
20210220-210205.jpg



それでは、夏のモルゲンロートは??
2017年7月8日 Hotel Welschenのルーム・バルコニーより
スッポリと太陽の光の帽子を被っている。
20210221-2.jpg


🌞日の出時の太陽の位置:北東(7月8日)
20210220-170708.jpg



ツェルマットでも、夏と冬とでは
🌞太陽の位置が違うのは、明らかである。(当たり前だけど・・・)


夏と冬では、マッターホルンの朝一の挨拶は違うんだなぁa115.gif

個人的(あくまでも個人見解)には
冬のモルゲンロートのほうが、何だかカッコイイsmilie_girl_252.gif


といっても、いつの時点でモルゲンロートの眺めが
顕著に切り替わるかどうかは詳細は不明だが、
12月から2月下旬頃まで冬型(私が勝手につけたもの💦)ということで。

《ご参考までに》
2021年1月24日8:20 ツェルマット村中心部より
20210221-9_0124_0820.jpg



🌞日の出時の太陽の位置:東南東(1月24日)
20210221-210124.jpg


マッターホルンのモルゲンロートはお天気次第!
毎朝、見れるわけではない。
周囲を朱く染めるときもあれば、
単独で黄金色を発するときもある。


だからこそ、
マッターホルンのモルゲンロートを見た人は
幸せが訪れる💗と信じたい!

そして
スイスの美しい自然は
心も美しくしてくれるに違いない!


ツェルマットを訪れたら、
早起きして必ず、マッターホルンを見つめてみよう!!

🖊太陽の位置図内のドイツ語について
   ・Ausgang(Sonnenaufgang)/日の出
 ・Meridian/子午線
 ・Untergang(Sonnenuntergang)/日没
 ・方角:Norden/北, Süden/南, Westen/西, Osten/東

swissflag.gif   swissflag.gif   swissflag.gif 
最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
ほんの少しでも・・・あなたのこころにスイスが近くに感じられたら.....
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 

smile_suisseflag.gif inoreader_3


VS-1
関連記事
                                    

1Comments

There are no comments yet.

 浦野雄治

ツゥルマット、綺麗ですね。

綺麗な写真ですね。ツゥルマットは大昔ですが一度行ったことがあります。その時はマッターホルンにも行きました。
スイスはスペインに移住してから、ブルージュまで車で行った帰りに通り抜けただけです。綺麗な国でした。

  • 2021/02/26 (Fri) 05:41
  • REPLY