menu
              

二度と経験できない宝物 ≪笑劇場≫

       
          
20200815_01.jpeg

アレッチ氷河エリアに住む羊の少年、メ―くんは
とても好奇心旺盛だが恥ずかしがり屋でいたずら好きの男の仔。

ある日、見慣れない顔つきの、明らかにスイス人ではない女性が
氷河の見える絶好の場所である、彼らの休憩所にやってきた。

ヤギボスはすぐに彼女を仲間として受け入れた。
20200815_02.jpg

彼女は終始、笑顔で彼らと一緒に写真を撮ったり、
彼らのしぐさを観察しているようだった。

ヤギママはすぐに彼女を気に入って、彼女のそばから離れない。
20200815_03.jpg


メーくんも彼女とお友達になりたくて近づいてみたものの、
彼女はヤギママばかり見ている。
20200815_04.jpg


メーくんは、彼女に自分の存在を見つけてほしかった。
・・・すると、いいものが目に留まる。
20200815_05.jpg


何か仲間の臭いがする小さなケース。
パクっと加えて走り去ろうとしたところ・・・
20200815_06.jpg


彼女がすぐさま気が付き、メーくんを追いかけた。
20200815_07.jpeg

20200815_08.jpeg


そして、彼女はメーくんに向かってとっさに、日本語で叫んだ!
やめて―、返してーと。

すると、メーくんはポトッとその場でケースを口から放した。

日本語が通じたのか?
いやいや、それはない!

メーくんはきっと彼女が自分の存在に気が付いてくれて
満足だったのだろう。

お別れのとき、彼女は名残惜しそうに彼らの集合写真を撮った。
20200815_09.jpg


(ひとりだけ、岩の上で振り向いている羊くんが、今回の主人公のメーくんである。)
20200815_10.jpg


彼女は同じルートで戻ったが、全く違った風景に見えた。
メーくんのことを思い出しては微笑み、疲れ知らずでハイキングを終えた。

ホテルに戻って、メーくんにお手紙を書こうと思ったが、

大切な思い出として彼女はメーくんのことを今でも忘れない。
二度と経験できないであろう。

このユニークな体験は
今も鍵付きの大切な心のアルバムに残っている。
メーくんがくれた思い出の宝物として。

終わり
※Based on a True Story.


swissflag.gif   swissflag.gif   swissflag.gif 

最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
ほんの少しでも・・・あなたのこころにスイスが近くに感じられたら.....
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング

smile_suisseflag.gif inoreader_3

##スイス ##リーダーアルプ ##アレッチ氷河 ##スイスの動物  
#Switzerland #Riederalp #Aletsch Glacier 

20130713

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.