menu
              

時計職人の町にある小さな宝石!- ル・ロックル

       
          
20210302-3.jpg



ネオ·ルネサンスアール・ヌーヴォーの融合の美!
美しいフレスコ画が印象的なこの建物は?


フランスとの国境に近い
Le Locle/ル・ロックルにある1927年に設計された建物、
驚くことに、この建物は市庁舎である。



📌「HÔTEL DE VILLE(仏語)」という名称なので、
しばらく、ホテルだと思っていた・・・💦
20210302-4.jpg




スイスには、他にも公共施設で驚かされる建物に
いくつか出会ったことがあるが、
この建物は芸術品だ!



📌ル・ロックルは、隣接するラ・ショー=ド=フォンとともに、
ヌーシャテル州に残る『伝統的な時計製造業と結びついた
都市計画』が評価され、
世界遺産(産業遺産)として登録されてある。



市の名前の響きも可愛いが、スイスでは3番目に小さな市で、
住民はわずか1万人を少し超えるほど。
土地面積はわずか23.14㎦



この可愛い建物は二つの顔を持つ。

≪ファサード≫
20210302-5.jpg




フラスコ画のタッチも素敵!。
20210302-2.jpg




屋根の下軒天と呼ぶのかな?)にも可愛いデザイン。
20210302-8.jpg



20210302-6.jpg





≪反対側≫
20210302-7.jpg




女神を表現しているのだろうか!?
20210302-1.jpg




📌Vevey/ヴヴェイ出身の
Charles-Alphonse Gunthertによる設計である。


地元では、
時計職人の町の中心部にある小さな建築の宝石」と、
言われている。


≪素敵な掲示板≫
20210302-9.jpg



私が訪れたときには週末だったので閉館されていたが、
市役所内の結婚式場、市議会ホール一般公開されていて
平日にはIDを提示すれば自由に見学できるようだ。




swissflag.gif     swissflag.gif   swissflag.gif 
最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
ほんの少しでも・・・あなたのこころにスイスが近くに感じられたら.....
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 

smile_suisseflag.gif inoreader_3


##スイス ##ル・ロックル #スイスの建物  #海外旅行 #ヨーロッパ  
#Switzerland #Le Locle

VS-1
20130414
関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.