menu
              

マッジョレー湖の真珠!- ロカルノ

       
          
20210304-12.jpg


Cardada/カルダーダ展望台(標高1,340m)からの
息を呑むような風景は、 マッジョレー湖の真珠」と呼ばれている。
"la perla del Lago Maggiore(イタリア語)"


最近、この写真と同じような風景がTVで流れた。

写真奥(マップ上では、ほぼ南)の方角へ目をやると、
そこはもう、イタリアの旗イタリア! ボンジョルノ~📣



私が訪れたのは4月初旬であるが、
南スイスへの旅を思い出す。

当時、スイス北西部のバーゼル駅から
アルプス超えしてLocarno/ロカルノの町を訪れたときのこと。
スイス縦断の旅となる。


バーゼル地方は曇り空で少し雨も降っていて
肌寒いお天気だった。



中央スイスでは、雪が少し積もっていて
深い霧もともなっていた。
20210304-3.jpg
※Arth/アルト(シュヴィーツ州)



途中、アルプス超えAirolo/アイロロ経由)のときには、
突然、雪が降った風景に遭遇した。

車窓からの風景は山水画のようなモノクロの世界。
・・・だが、美しかった!


📷Wassen/ヴァッセン(ウーリ州)付近
20210304-15.jpg




20210304-4.jpg
※現在、通常の運行ルートでは、ゴッタルドベーストンネル経由となるので、迂回路となる。



目的地、ロカルノへ到着すると、驚いたことにまるで別世界
20210304-5.jpg




日中は上着なしのノースリーブだけでも大丈夫な陽気だった。
20210304-7.jpg




列車の中で雪景色を見ていたのが噓のようだった。
20210304-6.jpg




マッジョーレ湖畔では、
南国情緒たっぷり♪ 🌴ヤシの木がたくさん。
20210304-8.jpg




そこで、マッジョレー湖を上から見下ろしてみたくなり、
2種類のケーブルカーを使って、カルダーダ(山)へ。


まずは、このケーブルカー
乗り継ぎ地点:Orselina/オルセリナ へ。
20210304-16.jpg
Locarno Funicolare



カルダーダ行のケーブルカー乗り場。
20210304-1.jpg
※Cardada Impianti Turistici



この建物の前から見える湖の風景は📷人気の絶景撮影ポイント
20210304-9.jpg




クリーム色の教会は、
Madonna del Sasso/マドンナ・デル・サッソ
20210304-13.jpg



20210304-14.jpg



【動画:教会の中の様子等】




そして、
近代的なデザインこのケーブルカーに乗ってカルダーダへ。
20210304-2.jpg


📌このケーブルカーもケーブルカー乗り場の建物
マリオ・ボッタの設計である。



≪ケーブルカーの中からの眺め≫
河口が三角州となっている、川(Maggia /マッジャ)をはさんで
左がロカルノ、右はAscona/アスコーナの町。
20210304-10.jpg



カルダーダ山ではまだ雪が積もっているところもあったが、
初夏のハイキングも楽しそうだなと感じた。



背景の山々の頂には雪がまだ残っていて、冬のなごりを感じるが
それがまた風情があってすごくいい。
20210304-11.jpg



ティチーノ州全体で言えることかもしれないが、
スイスの旗スイスとイタリアの旗イタリアの融合の町といった印象を受けた
ロカルノの町である。

📌Locarno Funicolare map
📌Cardada Impianti Turistici map
📌Cardada (Funivia) map

swissflag.gif     swissflag.gif   swissflag.gif 
最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
ほんの少しでも・・・あなたのこころにスイスが近くに感じられたら.....
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 

smile_suisseflag.gif inoreader_3


##スイス ##ロカルノ #スイスの建物  #スイスの湖 #スイスの教会  #4月の風景 #海外旅行 #ヨーロッパ  
#Switzerland #Locarno

VS-1
20150407
関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.