menu
              

チャップリン・タワーズ - ヴヴェイ

       
          
20210316-9.jpg


スイス最大のフレスコ画の存在を知ったのは・・・
初めて、Vevey/ヴヴェイに訪れた2016年春、
新緑が美しい季節であった。


ヴヴェイからBlonay/ブロネイ方面行きの列車の中から
チャップリンを見た!
・・・というより、視線を感じた。


≪車窓より≫
20210316-14.jpg



そこで、スイスフランス語圏に住む友人が
そのチャップリンの正体を明らかにしてくれた。


車で連れて行ってくれたのは、Gilamont駅近くに位置する、
"Chaplin Towers"と称される、14階もしくは15階建ての
2棟のアパートメントである。
20210316-10.jpg




高さ約40m面積1720㎡
チャップリンの有名な映画のシーンや、
本人の素顔が描かれてある。
20210316-11.jpg



chaplin.png
≪🎬モダン・タイムズ≫
20210316-15.jpg



20210316-2.jpg



20210316-17.jpg
※"Chaplin's World"にて


"Chaplin's World"では、私も機械に巻き込まれる体験ができた☺
20210316-7.jpg





そして、本編のストーリーは忘れてしまったが、
このエンディングのシーンは
シルエットを見ただけでも何だかジーンとしてくる。
20210316-12.jpg



≪"Chaplin's World"より≫
このスポットでは
映画のいろんなシーンがスライドショーで流れていた。
20210316-8.jpg
※"Chaplin's World"にて


chaplin.png
≪黄金狂時代≫
昨日に引き続き・・・
これも有名なシーン! 見事なダンス♪
20210316-13.jpg



一度も見たことがないという方はコチラからどうぞ↓↓




20210316-1.jpg
※"Chaplin's World"にて


そして、
≪チャップリンの素顔≫
チャップリン自身が作曲した"Oh! that Cello"のCDジャケット(左)や
本の表紙(右)に使われている写真。
20210316-16.jpg




20210316-5.jpg
※出典:Wikimedia



そして、ヴヴェイの観光ガイドブックにも使われている写真
※壁画では、背景には楽譜が描かれてある。
20210316-3.jpg




そのチャップリンが見ている雑誌"CHAPLIN'S WORLD"
笑顔のチャップリンだが、訪れてみると、自然と笑顔になっている自分に気付く。
チャップリン・ワールドについては、また別に機会に。


📌"Chaplin Towers" ≪map-1≫ ≪map-2

swissflag.gif     swissflag.gif   swissflag.gif 
最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
ほんの少しでも・・・あなたのこころにスイスが近くに感じられたら.....
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 

smile_suisseflag.gif inoreader_3


##スイス ##ヴヴェイ  #スイスのチョコレート ##チャップリン #海外旅行 #ヨーロッパ
#Switzerland #Vevey 



関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.