menu
              

さくら色の春だより - バーゼル

       
          
20210327-11.jpg



数日前から一気に、
本格的な春がやってきた雰囲気である!


春になるといつも思う。


春の妖精は長ーい冬のあと、春を待ち遠しくて、
春の芽に「ありがとう!」と話しかける。

そうすると、一斉に花が咲く!
merci.gif


今回はバーゼル地方に咲く、
ピンク色の優しい花たちをご紹介しよう。


🌷モクレンの花🌷
美しさ、純粋さ、優雅さを備えた花であり、
🌷「チューリップの木」と呼ばれていることもある。
20210327-1.jpg




🌷ライン川とモクレン🌷
20210327-10.jpg



🐇イースター🥚の時期に花が一斉に開花するというのも
やはり、長い歴史の中での「復活」の意味として
自然の流れなのだろうか・・・。


新しい春の息吹を感じる中で、
自分自身を奮い立たせる季節ではないかと感じてしまう。


≪バーゼルの農家≫
お見事!何十年もここで生きているんだろうなぁ。
20210327-18.jpg


20210327-19.jpg



🌸桜の花は「日本の文化」につながる。

スイス人は日本の花が大好きだ!
だから、日本の桜を鑑賞するために
毎年、春先に日本へ旅行するスイス人もいる。
(残念ながら、その友人は昨年より2年連続、断念せざるを得なかったが・・・)



バーゼルの丘陵地帯になる、Bruderholz/ブルーダーホルツでは
数百mもの🌸日本の桜並木がある。
20210327-12.jpg


20210327-2.jpg



どういう経緯で日本の桜が選ばれたのかは不明だが、
毎年、必ず、この桜並木の写真を撮影するスイス人(女性)がいる。

🌸「日本の桜」が好きで「日本の文化」が好きだと語る。


私が訪れるとき、咲き具合によって変わるのか!?
鮮やかだったり淡いピンク色だったり、
遠くから見ると、印象が若干違って見える。



並木道の隣には
バーゼルの中心部とをつなぐトラムが走っていて、
トラムの車窓からも楽しめる♪
20210327-9.jpg




この周辺の小さな奥まった公園にも
違った種類の🌸日本の桜♪
20210327-16.jpg



近づくと、大阪城で見た🌸桜を思い出す。
20210327-6.jpg




バーゼル市内でも点々と日本の桜の木を見ると
条件反射で足が止まる。


高貴で神秘的な日本の🌸桜色
≪公園≫
20210327-13.jpg


20210327-3.jpg




20210327-14.jpg


20210327-4.jpg



≪バーゼル郊外≫
20210327-15.jpg


20210327-5.jpg




ヨーロッパのさくら色
≪バーゼル≫
アーモンドの花
20210327-8.jpg


アーモンドの香りは届くかな?
20210327-7.jpg



≪バーゼル郊外の畑≫
モクレンの仲間たち
20210327-17.jpg


淡いピンク色~紫に近い濃いピンク色。。。癒される~🌺
※モクレンは紫に分類されるほうが多いかもしれないが・・・💦


バーゼルでは🌸日本の桜よりモクレンのほうがよく見かける!
だから、貴重な🌸日本の桜! そして、より美しいさくら色🌸


日本の桜といえば、
もうすぐ、ベルンで代表的な日本の桜が花咲く♬


swissflag.gif   swissflag.gif   swissflag.gif 
最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
ほんの少しでも・・・あなたのこころにスイスが近くに感じられたら.....
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 

smile_suisseflag.gif inoreader_3


関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.