menu
              

幸せの黄色い花の海!- テット・ドゥ・ラン

       
          
20210413-1.jpg


黄色い花の海!
黄色い花の楽園!


イースター頃からジュラ山脈の周辺では
ラッパスイセンはすでに咲いてるよ!」
という情報を耳にしていた。


数日前も、
Tête de Ran/テット・ドゥ・ランでハイキングした人からも
ラッパスイセンの開花」情報を入手。
20210413-13.jpg



そこで、数年前の4月下旬に訪れたときの
幸せ~な気分が心の中にあふれ出す♬


どこまで続くのだろうと?
黄色い海のように広がる、野生のラッパスイセン!


Tête de Ran/テット・ドゥ・ラン 1325m ≪記事本文下:map-A
20210413-3.jpg



スイス在住の写真愛好家が撮影した写真をもとに
この場所を探し求めて訪れた場所!
20210413-6.jpg



20210413-9.jpg



20210413-7.jpg



元気になる自然のサプリメントだ!

Gelbe Narzisse(黄スイセン)
Trompeten-Narzisse(ラッパスイセン)
Osterglocke(イースターベル)

スイスドイツ語圏では、
やはりイースターベルと呼ぶ人が多いかな。

20210413-8.jpg



≪パノラマビュー≫
20210413-2.jpg



≪La Chaux-de-Fonds/ラ・ショー=ド=フォンの町並み≫
20210413-12.jpg



受信塔が見える付近がテット・ドゥ・ランの山頂(1422m
≪記事本文下:map-B
20210413-16.jpg



山頂からは、ヌーシャテル湖と視界が良ければ、
ベルナーオーバーラント地方の山々が見える。

私が訪れたときは視界があまりよくなかったので💦
山頂へ登るのは断念。



野生のラッパスイセンは、皆、背丈が低い。
約10cmほどの丈なのに、大きな花をつけているのもあった!
20210413-14.jpg
※一番背丈があるものでも、16~17cmくらい。



ラッパスイセンを贈る人は誰でも間違いなく
前向きなシグナルを送っていて、
贈る相手をとても幸せにしたいと思っている。
否定的または誤ったメッセージを伝えることを
心配することのない花♬


📌この地方では、片手で持てるくらいの量であれば
ラッパスイセンの花摘みが許可されている。

しかし、可愛い花たちを見ていると、
仲間たちとけなげに咲く花々はそっとしておきたいと
思う気持ちになる。



20210413-15.jpg



お花が見渡せる小さな丘の上で
BBQを楽しんでいる地元のファミリーに出くわした。
いいなぁと思いながら・・・


私は楽園の中を歩き続ける👍
20210413-10.jpg




ラッパスイセンの他にもたくさんのクロッカスが咲き、
そしてエンチアンも見つけた♬
20210413-11.jpg




さらに・・・
スイスの野生動物のひとつ、Gämse/ゲムゼ(独語)と呼ばれている、
アルプスカモシカのカップルに遭遇♬
20210413-17.jpg


20210413-18.jpg



アルプスカモシカは他でも見かけたことがあったが、
近くで見れたのは今回初めて♬


<本日の写真のエリア≫
A ≪map≫ / B ≪map
20210413-map.jpg



📌他のハイキングコースの一例
La Vue des Alpes/ヴュー・デ・ザルプ


今度は、森の中や湖とアルプスが見える場所に咲く
ラッパスイセンの群生を見ながら歩いてみたいなぁ。


≪同じ仲間である白いナルシスの花との比較(独語)≫
20210413-5.jpg


swissflag.gif   swissflag.gif   swissflag.gif 
最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
ほんの少しでも・・・あなたのこころにスイスが近くに感じられたら.....
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 

smile_suisseflag.gif inoreader_3


VS-1
20170424
関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.