menu
              

菜の花色に染まる季節!- バーゼル郊外

       
          
20210506-14.jpg




スイス各地で菜の花畑の風景が紹介されている。
私も菜の花色に心を染めるため、
近くの畑まで"菜の花サイクリング"♪
20210506-3.jpg




太陽が顔を出したと思えば、すぐに雲のカーテンがかかるが、
太陽が見えない空の下でも
菜の花の明るく鮮やかな黄色が眩しい!!
20210506-12.jpg




まるで、光沢のある菜種色の絵の具がペンキで
緑の畑を塗ったかのような錯覚を起こす。
20210506-1.jpg




菜の花畑の前で左右の方角を撮影した写真を合わせて
パノラマふうにしてみたところ・・・面白い構図ができた!
20210506-2.jpg




菜の花色と緑色が仲良くキス♪
今の時期に私たちに必要な要素の色がドーンと広がる!
明るさや希望を与える色安心感、癒し、リラックスさせてくれる色
20210506-4.jpg




畑の色とペアルック(&)の可愛い農機が印象的。
20210506-9.jpg




牛さんたちの餌がたくさん集められていて・・・
20210506-5.jpg




その畑の端では、コウノトリたちの遊び場ができていた。
20210506-19.jpg



カップルを観察していたら・・・
4コマ漫画ができそうなシーンが見られた
(ちなみに、②餌ではなく、草を渡そうとしていた。)
20210506-017.jpg



もう一つのグループは、遊び場のすぐ横の
キンポウゲ(ハイキンポウゲ)が咲く場所で遊んでいた。
20210506-16.jpg



この可愛らしい花は、
Butterblume/ブッターブルーメ(独語)とも呼ばれることもある。
※バターのような光沢があるからということで「バターの花」。



背景の山は、スイスではなくフランスのアルザス地方。
カラーパレットみたいな・茶の畑のラインが美しい。
20210506-8.jpg




一枚の写真では納まりきれないほど、
広大な美しいラインが見事である。
20210506-10.jpg




緑のカーテンから見える黄色の世界!
20210506-6.jpg




いたるところに黄色の絨毯が広がる。
20210506-7.jpg




もちろん、蜂たちも恩恵を被る。
20210506-13.jpg



顔いっぱいに黄色の花粉をつけて働く蜂!
20210506-18.jpg



緑の海≫の中に、大きな木を持つ≪黄色の島≫のようで
想像が膨らむ♬
20210506-11.jpg




風に誘われて緑の波の中で泳ぐ黄色の小人たち
20210506-15.jpg



菜の花は満開ではなかったが
菜の花畑の風景は、菜の花の色と同じく、本当に心が明るくなる👍
年に一度のはずせない、菜の花色に染まる季節である。
春の風物詩ともいえるかな。

さらに、コウノトリ観察も非常に楽しい♬


📌菜の花畑は毎年、違う場所で育つ!
だから、毎年、違った風景が見られるのも楽しみである♬

📌菜の花について
正式には、「Raps/ラップス:セイヨウアブラナ」のこと。
主に食用油(※)が作られる。
※多価不飽和脂肪酸であるオメガ-3とオメガ-6が豊富、
ビタミンEも多く含まれている健康的なRapsöl


swissflag.gif   swissflag.gif   swissflag.gif 
最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
ほんの少しでも・・・あなたのこころにスイスが近くに感じられたら.....
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 

smile_suisseflag.gif inoreader_3





関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.