menu
              

雨の日のロマンチックな散歩!- チューリッヒ

       
          
20210511-7.jpg



5月の雨

夏日だった母の日の翌日から
10℃以上も気温が下がり、また冷たい雨が降っている。


思い出すのは、数年前に日本在住の友人が
初めてスイスへ訪れたときのこと。

雨の日の町の散策は、私にとってはまれなことだが
友人の旅の計画どおりに、
私はバーゼルからチューリッヒへと出向いた。


雨の日にリマト川沿い(西岸)を歩くのは
初めてであったが、意外にロマンチックな気分であった。


通り過ぎてからの風景が私は好きである。


チューリッヒのランドマークである、
Grossmünster/グロースミュンスターの姿はいつもいい感じ♬
20210511-16.jpg
※リマト川



チューリッヒは雨の日でもやはり楽しい町だと実感!!

子どもの遊び場も併設する、
公園の広場"Spielplatz & Liegewiese"へ。
冒険心がそそられる♬
20210511-3.jpg



リマト川の方向へ目を向けると・・・
20210511-5.jpg



薔薇の花も植えてあり、
ほんの少しだけ赤い顔を見せてくれていた。
20210511-15.jpg



北西の方角に目を向けると・・・
見える(屋根がドーム状の建物)。
20210511-4.jpg



天文台から夜空を見るのは素敵だろうなぁ、
そして、薔薇の花のラインは美しいだろうなぁと、
想像が膨らむ。



この公園の南には、
観光サイト(📌)にもよく登場する
4世紀にはリンデンホーフにローマの要塞があったそうだ。
20210511-6.jpg


📌"Lindenhof"について
直訳:Linden(菩提樹)、Hof(中庭)
"Lindenhof"はチューリッヒ市内の
最も小さい地区≪map≫≪地域区分図≫の名前と同じである。
前述の子どもの遊び場も"Lindenhof"に属する。
地区名と同じというのもあるからか、
観光サイトでは、「リンデンホーフの丘」と称される。



リマト川沿いに戻り・・・
近くの噴水。
20210511-1.jpg



この彫像のモデルは誰だか知らないが、
本は持ってないけど・・・💦
20210511-18.jpg




Münsterbrücke/ミュンスター橋とグロース・ミュンスター。
20210511-8.jpg



馬に乗っている騎手の彫像は
中世後期にチューリッヒの市長であり、なおかつ軍事指導者であった



フラウ・ミュンスターに立ち寄り、
有名なシャガールのステンドグラスで心地よい気分になる。
20210511-17.jpg




チューリッヒ色のトラム。
20210511-9.jpg

20210511-19.jpg

チューリッヒ色の遊覧船。
20210511-10.jpg
※チューリッヒ湖



スイスの旗The Switzerland & Kanton ZürichThe Zürich
20210511-14.jpg



雨上がりのとっておきの光景!

水辺に建つ美しい建物のように錯覚してしまった場所、
20210511-12.jpg


この光景は予想外に面白かった♬


そして、丸い雨のあとは・・・
20210511-11.jpg




丸い太陽が待っていた!
20210511-13.jpg



雨の日でも楽しめる町、チューリッヒ。

目の前で出会った鳥たち(アムゼル♀、カモ、白鳥)
20210511-02.jpg


冒険・癒しそして驚きの
チューリッヒの小さな旅は終わり。


swissflag.gif   swissflag.gif   swissflag.gif 
最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
ほんの少しでも・・・あなたのこころにスイスが近くに感じられたら.....
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 

smile_suisseflag.gif inoreader_3


##スイス ##チューリッヒ #スイスの川 #スイスの湖 #スイスの鳥 #海外旅行 #ヨーロッパ  #5月の風景
#Switzerland #Zürich 

20170501




関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.