menu
              

美味しい時を見つける幸せ - シュトックホルン

       
          
DSCN1295.jpg

スイスは、やはり歩くに限る!
いい意味で『犬も歩けば棒にあたる』かなー。

ここは、山小屋レストラン!
DSCN1251.jpg

ランチタイムはここにしようと事前にマークしていたところ。

可能な限り、食事は山小屋風の地元のレストランに立ち寄ることにしている。
理由としては、今まで体験した限りでは、
ロープウェイなどの乗り場近くのポピュラーなレストランでの食事は
落胆することが多いからだ。


そして、こだわりはビール&地元の食材を使った料理。
ここは、まさしく私の希望に添うレストランだったsmilie_girl_252.gif


シュトックホルンはSimmental/ジンメンタールに属する。
まずは、その渓谷の名がつけられている🍺
トレードマークは"🐄" 
DSCN1261.jpg

ビールの王冠にも"🐄"
Bierdeckel.jpg



毎回、ハイキングの途中でいただくときに思うこと・・・
地元のチーズとハムのセットはかなり美味しい!
≪Oberstockenalpteller≫
DSCN1282.jpg


極めつけはコレ!
 ≪Käseschnitte/ケーゼシュニッテ≫
DSCN1284.jpg

大きなくくりで言えば、チーズトーストかな。
見た目は、グラタンみたいだけど・・・


"ヴァリス*のケーゼシュニッテ" と呼ばれていることが多いので
この料理の発信地は*ヴァレー州なのかもしれない。
Zermatt/ツェルマットの山小屋レストランでも食べたことがある。


以前、ヴァレー州のある農家で料理している様子を見たことがあるが、
大まかに説明すると・・・、
1.スライスした白パンに地元の白ワインを少しふりかけてトーストする。
2.その後、少し厚めにスライスしたラクレットチーズをのせてオーブンで焼く。
3.最後にトッピング。
もちろん、白パンも自家製。

このレストランでは、好きなトッピングを選ぶことができる。
DSCN1287.jpg
【ご参考までに】
Spiegelei:目玉焼き/Speck:ベーコン/Tomaten:トマト/Zwiebeln:玉ねぎ
zuätzliches Spiegelei:追加の目玉焼き
Peppadew(商標名:赤色のJuanitaというペッパーのピクルス)

食後のデザートも👍
お隣りで昼寝をしていた牛さんからとれたミルクでつくられた
ホイップクリームなんだなぁと・・・、
🐄さんを起こさないように、"ダンケおじぎ"と。

この家族経営のレストランのオーナーは、
チーズを保管している場所を案内してくれたり、宿泊施設など、
いろいろと説明してくれてとても親切だった。

美味しい出会いは、素敵な出会いと同じ感覚! し・あ・わ・せ💗

7月中旬に訪れたシュトックホルンは、たくさんのお花が咲いていて
気持ちの良いハイキングができた。
また、ここへ来てケーゼシュニッテを食べたい!

📌旅メモ
🏠🍴 Berggasthaus Oberstockenalp /ベルクガストハウス・オーバーシュトッケンアルプ(map
📍最寄り駅 Chrindi/クリンディ(ロープウェイ駅 map)からベルクガストハウスまで
最短 約1.7km (標高差約140m、約195m 約55m)

<Bern Bahnhof(ベルン駅)からStockhorn/シュトックホルンまでのアクセス>
ベルン駅からシュトックホルンまで約1時間半
Bern 
 train.gifyajirushi-shita.gif 
walk.gif yajirushi-shita.gif 
Erlenbach i.S. (Stockhornbahn)
Chrindi/クリンディ(シュトックホルン山頂駅を結ぶ中間駅)
gb.gif yajirushi-shita.gif

swissflag.gif   swissflag.gif   swissflag.gif 

最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
ほんの少しでも・・・あなたのこころにスイスが近くに感じられたら.....
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング

smile_suisseflag.gif inoreader_3

##スイス ##シュトックホルン ##レストラン ##山 #ビール #ハイキング #ヨーロッパ #Switzerland #Stockhorn #restaurant 

 BE-1
20180719
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.