menu
              

美しいターコイズブルーの夢!- パノラマハイキング

       
          
20210627-0.jpg



スイスでは、絶景が見渡せる湖はいくつもある!
スイスでは、水が澄んで綺麗な湖はいくつもある!
そして個人の主観もプラスされる!


だから、スイスで一番美しい湖は?と聞かれても
なかなか一つに絞ることができない。


・・・ただ、「スイスの山上湖での最高のハイキングは?」
と聞かれれば、即、
「Oeschinensee/エッシネンゼー」と答えるだろう。

私のチェックポイント!
美しい湖
たくさんの高山植物
動物たちとの触れ合い
ここすべてが絶景ステージ


さらに、7月に訪れた時の感動は忘れられない!
呪文がかかったような神秘的な雰囲気・・・(➡また別の機会に



ターコイズブルーの夢」へ出発💨💨

≪谷駅からOeschinen/エッシネン駅行きのロープウェイから≫
Kandersteg/カンデルシュテーク(鉄道)駅から
ロープウェイ駅まで歩いてきた道が見える。
20210627-2.jpg


エッシネン駅を降りた途端に
冬の美しい銀世界を想像できるほど、
素敵な風景が飛び込んでくる。


エッシネンゼー(エッシネン湖)は
写真よりも実際に見たほうがより美しいと感じる。

そして、湖畔よりも上から見下ろしたほうが
さらに美しいと感じる。


今回のレポートは3度目の訪問のとき・・・
湖までは通常のハイキングルートより少しだけ変更し
異例のルートを歩く💨

≪分岐点≫
右折すると、ダイレクトに湖畔へ。
※ほとんどの観光客が向かうルート。
20210627-6.jpg


私たちは左折して、
Sennhütte/センヒュッテ(レストラン)経由で湖畔へ。



美しい緑を見ながら・・・
20210627-23.jpg




その山小屋レストラン近くでは
のんびりと朝のお散歩をする牛さんたちに出会う♬
20210627-7.jpg




なぜかわからないが・・・
いたるところで、遭遇する😺猫ちゃんは
夫に近づいてくる。
20210627-8.jpg



ここでの🐮牛と😺猫はとても仲良しだった♬


≪その山小屋レストラン近くからの眺め≫
20210627-9.jpg



ここから湖畔へ続く少し急な小道を下り・・・
本格的なハイキングをスタートした。
(※湖畔:標高約1585m


朝はやはり風がほとんどない。
鏡の湖になる。
20210627-010.jpg




滝であるが・・・夏は、天然の🚿シャワー
20210627-22.jpg




自然の休憩所でホッと一息♬
20210627-11.jpg



そして、さらに進んでいくと・・・
このアルプスのユリの群生に出会う。
20210627-12.jpg


book.gifarticle_254.png





≪ハイキング第1ステージ ≫
Unterbärgli/ウンターベルクリ

山の上から流れてくる清い水の音で心が洗われる。
20210627-13.jpg




ここは動物たちとの触れ合いの場!?
20210627-3.jpg




たくさんの牛さんたちが、
とっても気持ち良さそうにしている光景を見て、
私も笑顔になる!
20210627-18.jpg




😺猫ちゃんの次は🐮牛さんが夫にご挨拶のキス。
20210627-14.jpg

そして、📷カメラを持つハイカー(写真右)に目がいく・・・。




そのハイカーが何度も何度も📷カメラを向けていたのは・・・
可愛い仔牛!!
20210627-15.jpg



📌山のハイキングでの鉄則!!
仔牛には近づくな!!!
※母親が仔牛を守るために危害を加える恐れあり。


だが、辺りを見渡す限り、どうやら母親牛は近くにいない。
そして、この仔牛はまるで写真のモデルのように
ずっと彼の前でとてもおとなしかった♬



近くのレストランはクローズしていたが・・・、
(※フラグがあると営業中の印らしい。)

留守中の見張り番のように・・・
番犬ならぬ、🐐番ヤギ。
20210627-4.jpg


何だか、何やってるのかなぁと
興味深々に彼を見ていたような・・・。



彼が去ったあと、私も「ハロー」とその仔牛に近づく・・・。
猫の頭を撫でるように、優しく手を触れてみた。
すると・・・挨拶代わりに「ベロ~ン」と。
う~ん、これぞ、
ジューシーな舌触り👅💦
20210627-5.jpg



📌季節によって牛たちが過ごす場所は異なるので注意!
牛たちはその年の気温に応じて山の上へのぼって行ったり
紅葉前の秋になると山を下る(※)!
※山を下る伝統行事:「牧下り」


牛さんたちと別れて
≪ハイキング第2ステージ≫へ!


Unterbärgli/ウンターベルクリから
Oberbärgli/オーバーベルクリへ💨


崖のジグザグな道を歩くと・・・
20210627-17.jpg



素晴らしい光景が待っていた!



湖はもちろん、雄大な山々・・・
牛さんたちとの憩いの場も眼下に!(※標高約1,850m)
20210627-1.jpg



さらに滝が見え、黄色の花の群生!
20210627-19.jpg


崖の上とは思えない素晴らしい眺めだ。

この場所は、
劇場で例えるならばロイヤル席だと即、頭に浮かぶ。


花びらが丸くて可愛い形状の花は
Butterkugel/バターボールの愛称で知られる


山地に住む可愛い花である。
本物のバターボールと比較してみた♪
20210627-16.jpg


※実は、7月下旬に訪れたときには
私を魅了したピンク色の綺麗な花がたくさん咲いていた。




ドンドン、バターボールの花の坂道を上がっていく。
20210627-20.jpg


そして、第2ステージのオーバーベルクリに到着!
すると・・・つづく

20210627-21.jpg


swissflag.gif   swissflag.gif   swissflag.gif 
最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
ほんの少しでも・・・あなたのこころにスイスが近くに感じられたら.....
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 

smile_suisseflag.gif inoreader_3



関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.