menu
              

ありがとう、日本!

       
          
20210809-0.jpg




オリンピック閉会式の最後の言葉「ARIGATO」は
世界で一番、心のこもった言葉だと感じる。
20210809-1.jpg



ARIGATO」が映し出された瞬間、
スイスTVの実況アナウンサーたち(声のみ)が、
二人のうち一人が日本語で「Arigato.」と呟いた。
そしてもう一人のアナウンサーも
日本人スタッフへのねぎらいの言葉をかけた。
日本語で「Otsukaresama deshita.」と。


東京の夜景をTVを通じて
見ていた私は何だか胸が熱くなった。




オリンピック選手たちの活躍にありがとう。
メダルの獲得に有無に関わらず、
選手たちの流した汗は感動の渦に変わったと思う。



同じ時、同じ瞬間に同じ感動を抱く!
選手たちの笑顔に心が温まり、
選手たちの涙に感情が揺さぶられる。

スイスと日本、遠くに離れていても
数えきれないほどの人たちとの感動を
同じ時間に共有できる。

そのように、
たくさんの人たちの心が同じ瞬間に一つにつながる・・・
オリンピック以外に、他に何かあるだろうか?


💗さらに、ボランティアの人たちの汗は
日本人の誇りと言えるだろう。


例えば、
最終日のマラソンでゴール後の選手たちのケア、
足元がふらつく選手のために、さりげなく
ペットボトルの蓋を開けてそっと選手に手渡す。
業務でやっているわけでなく、自然と身に着いた思いやり💗


そして、前代未聞のシーン!!

たくさんの感動シーンがあったなかで、
一つだけ、今までに見たことのない、
そして、これからも見ることがあるだろうか?と。

このシーンはとても印象的であった!

≪陸上:男子20km競歩≫
残念ながら、日本は銀と銅であったが、
優勝したイタリアのMassimo Stano選手が
優勝旗を広げる前に行動したことは・・・、


≪池田 向希選手がゴールしたとき≫
20210809-6.jpg



≪山西 利和選手がゴールしたとき≫
20210809-7.jpg



共にがんばって歩き抜いた
日本の選手たちへの敬意を込めたお辞儀。


そして、その直後、山西選手と・・・
20210809-8.jpg




ゴールして約5分後にやっとイタリアの国旗を広げた、
Massimo Stano選手。
20210809-4.jpg


日本語の文字が書かれた国旗だ!

彼は2年間、忙しい練習の合間に
日本語を習っていたそうだ。

そして、レース中に山西選手に「行こう!」と
日本語で語ったという裏話もある。


プライベートでは5か月になる女の子の赤ちゃんがいる。
だから、ゴール間近での最初のパフォーマンスは
ヨーロッパのプロのサッカー選手でもよく見られる、
おしゃぶりのポーズ!

「お父さん、がんばったよ!」と
一番に伝えたかった相手が愛娘である。



金を逃した日本の両選手は本当に残念だったが・・・
20210807-8.jpg



≪金と銅のハグ≫
20210809-9.jpg



≪金と銀のハグ≫20210809-10.jpg



期待されている選手たちは
大きなストレスも背負っていたに違いない。


ゴール直後の表情とは異なり、
ハグのあとに、山西選手の顔がさらに優しい表情になった♬
イタリアの国旗の日本語の文字が気になっていたかのようにも思えたが・・・。
20210809-12.jpg



Massimo Stano選手と彼らの他の場所での接点は知らないが、
後にも先にもこれっきりではないかと思える、
オリンピックでの心温まるゴールシーンであった💗




📺オリンピック閉会式が終わるとすぐに
東京湾沿いのSRFブースにカメラが切り替わり・・・

オリンピック開催中、ずっと、コメンテーターとして
スイスへオリンピックの様子を伝えていた
アナウンサーの一人もお辞儀をしながら・・・
20210809-02.jpg
※SRF screen shotを編集済

Arigato gozaimasu.
おそらく、彼女自身からの言葉であろう。


📌📺スイスTVはスイスドイツ語圏、フランス語圏、イタリア語圏の
すべてのチャンネルと共同して、オリンピックのすべての競技を
ライブ中継し、数日間、録画もノーカットで流してくれていた♬
見たい競技を見逃すことなく見れて本当に感謝している。



閉会式で日本の選手が持っていた
日本の国旗の文字、
開催してくれてありがとう。

今の時期だからこそ、大きな意味を持つ
東京オリンピックであったと感じる。


私も家族も皆、
 ありがとう、日本! と心の中で叫んだ。
20210807-10.jpg


📌冒頭の写真:東京タワーからの夜景(📷2019年11月)
    最後の写真:Rigi/リギ山
 その他:SRF screen shotより

swissflag.gif   swissflag.gif   swissflag.gif 
最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
ほんの少しでも・・・あなたのこころにスイスが近くに感じられたら.....
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 

smile_suisseflag.gif inoreader_3





関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.