menu
              

他では見られない3色に輝く山!- カンデルシュテーク

       
          
20200825_01.jpg

ユネスコ世界遺産(自然遺産)地域に位置する、
ベルン州Kandersteg/カンデルシュテークの
Oeschinensee/エッシネンゼーを訪れたあと、
予想外の素晴らしい感動が待っていた。

太陽がほとんど顔を見せない日であったが、
湖の北のハイキングルートでは愉快な仲間との出会いがあったり、
ため息の出る風景、美しい花の群生・・・等々


もちろん、ここでの世界遺産の山々の風景は
同じベルン州ではあるが、アイガー・メンヒ・ユングフラウとは
また違った感動がある!

のんびりと過ごしているうちに
最終時刻に間に合わず、ロープウェイでの下山を
断念しなければならなかった。


夕日が忍び寄る頃、主役はどうやら湖から山々へ交代の時間らしい。
上から見る風景とは違って神秘的な雰囲気に包まれる。
20200825_02.jpg



下山途中、牛たちが近づいてきて「モゥー」と。
まるで、お見送りの挨拶をしてくれたかのような錯覚に陥る。
20200825_07.jpg



少しずつ夕日が美しい山々を照らすのを垣間見ながら・・・坂道を下る。
20200825_03.jpg



すると、今、ここでしか見られない、この瞬間でしか見られない光景が
"花"の名を持つ、≪Blüemlisalphorn/ブリュームリスアルプホルン≫。
20200825_04.jpg


この配色は、世界遺産の地域でもこの山だけではないだろうか・・・
山頂は黄金色に輝き、太陽に負けない氷河の、そして燃えるような朱色

しばし立ち止まり、うっとりと見つめる。


湖畔で見る山々も素敵であるが、木々の間から見る
異なる衣を身に着けた山はなんと素晴らしい光景だったことか!

これは、歩いて下山して正解だった♬


そして数分後、ロープウェイの麓駅から約600m離れた場所で、
川にはほとんど水がなく、ゴツゴツとした岩場から、
この光景に向き合うことができた。


鮮やかな夕日と三つの山!
20200825_05.jpg
左から
≪Blüemlisalp Rothorn/ブリュームリスアルプ・ロートホルン≫(3,297m)
≪Blüemlisalphorn/ブリュームリスアルプホルン≫(3,661m)
≪Oeschinenhorn/エッシネンホルン(3,486m)≫

こちらも見事な光景だ!
自然は本当にいいものを見せてくれる。
そして、夏の太陽は21時を過ぎても、まだ氷河と戦っているように見えた。


そして、また数分後、太陽は戦いをあきらめたようだ。
20200825_06.jpg

スイスでは太陽と氷河の戦いは激しく続いている。
いや、人間と氷河の戦いと置き換えてもいいかもしれないが・・・。

📌旅メモ
これらの山が位置する場所は、
ユネスコ世界遺産(自然遺産)エリアに含まれる。
20210806-13.jpg

『Swiss Alps Jungfrau-Aletsch-Bietschhorn/スイス・アルプス・ユングフラウ-アレッチ-ビーチュホルン』
2007年に拡大登録され、仲間入りをした。

マップ上の黄色い枠が自然遺産の地域となり、エッシネンゼーも含まれる。
20210806-12.jpg


swissflag.gif   swissflag.gif   swissflag.gif 

最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
ほんの少しでも・・・あなたのこころにスイスが近くに感じられたら.....
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング

smile_suisseflag.gif inoreader_3

##スイス ##カンデルシュテーク ##エッシネンゼー #スイスの山 #スイスの湖 #スイスでハイキング #海外旅行
#ヨーロッパ #Switzerland #Kandersteg  
                            
20170728

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.