menu
              

玉手箱のような歴史を感じる町!

       
          
20210920-6.jpg



12世紀からの歴史ある、
美しいアーレ川の南北に小さな弧を描いたように広がる町、


20210920-10.jpg
📷アーレ川の東側から見る旧市街
📷アーレ川の西側から見る旧市街
20210920-9.jpg



北から南へ、木製の橋を渡ると・・・
歴史を垣間見る古い町並みが見えてくる。

20210920-map2.jpg

20210920-map.jpg

●地点から時計と反対周りに歩く♪...♪

20210920-17.jpg


歴史の中心部には、
四季を感じる壁画のある古城、

他の旧市街に見られるような典型的な噴水・・・

20210920-7.jpg



スイスの旧市街を訪れると、
いゆも上を見ながら歩きたくなるのが恒例となる。
この町でも例外ではない。

20210920-8.jpg



さまざまなモチーフ・・・
🐻クマ、🐄ウシ、🐎ウマ、黄金の🦁ライオンや🐐シカ、🌞太陽など、
ほぼ芸術的にデザインされた興味深いお店の看板!

特に、
騎兵隊のようなユニフォーム姿の人物像は?

よーく見ると👀
スイス連邦の腕章を身に着けていることから、
戦時中は、ボランティアのスイス軍の地元の保護者として
従事していたのでは?と推測する。
当時、男性は武装しているか、私用武器を携行したそうだ。
・・・このサインは、薬局の看板である。

20210920-1.jpg


20210920-2.jpg


20210920-5.jpg


20210920-3.jpg

Büren an der Aaare のSutterファミリーの家紋
20210920-15.jpg

📌スイスにはたくさんのSutterファミリーが存在するが、
出身地によって家紋が違う。



また、この古い町の木製の家の特徴として
不揃いの趣のある屋根の下に滑車が多く見られること!

滑車を利用して階段を上らずとも重い物を引き上げるという
システムは、今日は使用されているとは思えないが・・・
なかなか面白い♬


20210920-4.jpg



家の玄関壁に組み込まれている古い時計にも
私は興味をそそられた。
だが、残念ながら時間は正確ではない。
(おそらく、現在は時計としての機能を果たしていないのであろう。)

さらに、教会の建物ではないのに、
壁に組み込まれた天使像!


20210920-13.jpg



💡最も驚いたのは、
お城のファサードにゴリラ

好奇心で調べてみると・・
歴史的内容を備えた総合芸術作品と称される、
ファサードの絵画のおかげで
17世紀前半からベルン州で最も重要な城だそうだ。

オリジナルは🐵猿の絵だったそうだ。
📌16、17世紀には、猿はシンボル的な存在!
人間の特徴を最も神のような生き物にした人間の特徴
神の秩序と神の能力を模倣し理解できる人のシンボル的存在であった。
人の特徴を最も表している、神のような生き物として作られたという話。

のちに、修復の際に猿からゴリラの絵に進化した!!
確かに、人類の進化として猿もゴリラも登場するけど・・・💦

20210920-14.jpg

・・・ということで、
旧市街は小さい箱の町みたいなイメージであるが、
昔のままの姿で大切に保存されているものを
多く見ることができ、予想外にかなり面白かった!


swissflag.gif   swissflag.gif   swissflag.gif 
最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
ほんの少しでも・・・あなたのこころにスイスが近くに感じられたら.....
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 

smile_suisseflag.gif inoreader_3



関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.