menu
              

スグラフィット・ウォーク!- エンガディンハウス

       
          
20211030-20.jpg

20211030-4.jpg




木の温もり、松の木の優しい香りがするホテル、
初めてエンガディンハウスで一夜を過ごす。

静かに夜を過ごしたあと・・・

翌日、9時半過ぎに外へ出てみると、
町はまだ青い空気の中で眠っていた。

静かだなぁ・・・♬

誰もいない噴水(※)の周りで
身体をゆっくりと動かしながら周囲を見渡す。
すると、不思議な青い空気に魅了される。
(※村の噴水の水については、また別の機会に。)


20211030-00.jpg
※滞在したホテル↑

20211030-01.jpg

20211030-02.jpg



そして、小さな恋の物語が始まる。


ここ、シュクオールでは、
可愛く飾られたエンガディンハウスを中心に
エンガディン地方の文化探訪!

シュクオールは、上部と下部二つに分かれており、
標高差は約60m
石畳は散策の意欲を高める。

20211030-2-a.jpg



坂道をのぼると・・・
朝の太陽がゆっくりと村に光を差すのが見えた。


20211030-2-b.jpg



Sgraffito/スグラフィットとは?≫
20211030-8.jpg
※出典:スイス政府観光局の古いパンフレット(説明文のみ)


エンガディンハウスの特徴
主に3階建てで大きな石の壁を持つ家屋
スグラフィット技法で描かれたデザイン
(幾何学やロゼッタ模様、波状のリボン、または細線細工のファンタジーフィギュアなど)
アーチ型の門
玄関へのアプローチに可愛いベンチ
いくつもの小さな窓・出窓
エンガディン地方独特の可愛いレースのカーテン


20211030-15.jpg

20211030-15-b.jpg

20211030-16.jpg



20211030-17-b.jpg

20211030-17.jpg



20211030-3-a.jpg

20211030-3-b.jpg

20211030-3-c.jpg

20211030-5.jpg




20211030-3-d.jpg

20211030-7.jpg




20211030-10.jpg

20211030-11.jpg



以前、同じくウンターエンガディン地方に属し、
ロマンシュ語圏のGuarda/グアルダでも
エンガディンハウスをたくさん見たことがあるが、
シュクオールでは、人の名とともに家紋(おそらく)のデザインが
とても印象的である。


20211030-14-a.jpg

20211030-14-b.jpg



太陽のベールが完全に村を覆ったとき、
村の通りに飾ってある、村の引き立て役の
プランターに飾ってあった花々は、
取り外しの作業が始まっていた。

しかし、
引き続き、点々とエンガディンハウスの小窓などに
飾られている花々はとても愛らしく感じた。

20211030-18-a.jpg

20211030-18-b.jpg



時を知らせてくれる、この教会の建物の一部にも
スグラフィット技法が施されている。


20211030-19.jpg



旅の途中で出会ったご年配の話によると・・・
春夏はボーデン湖沿いの自宅で過ごし、
秋冬はシュクオールに住むために小さなアパートを購入されたそうだ。
スパでも有名でもあるので、理由の一つかな。

真冬は厳しいかもしれないが、
ちょっぴりシュクオールに住んでみたいなぁと
村を散策しながら、ふと思った。

私の小さな恋物語の村である。


📌エンガディン地方の略図
20211030-21.jpg



swissflag.gif   swissflag.gif   swissflag.gif 
最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
ほんの少しでも・・・あなたのこころにスイスが近くに感じられたら.....
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
smile_suisseflag.gif inoreader_3

##スイス  ##シュクオール #エンガディン #スイスの秋 #海外旅行 #ヨーロッパ 
#Switzerland  #Scuol #Engadin #10月の風景

20211018

関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.