menu
              

終わりのない祈り!- 日本の旅3日目

       
          
20211113-4.jpg



原爆慰霊碑の前で、
毎年、TVで見ていた場所だ!」と、
感慨深く語った義父。


≪ スイス人親子と巡る🍁日本の秋旅 2019.11 ≫ 3日目:ヒロシマ


私は2度目の訪問であるが、
安らかに眠って下さい 過ちは繰り返しませぬから
原爆死没者のメッセージを読むと、
今回も目頭が熱くなった。


奇跡のシンボル!

📌ドームの屋根の銅板が溶け、爆風が抜けたことで
奇跡的に残った、旧広島県産業奨励館。

20211113-5.jpg


📌1915年に完成された当時は、大胆なヨーロッパ風の建物として
広島の名所の一つとなり、そしてシンボルとなったそうだ。

チェコ出身の建築家、Jan Letzel/ヤン・レッツェル氏の
設計のおかげで今日の姿で生き残ったのではないかと・・・
そう思えてしかたがない。

人類史上、初めて広島に原子爆弾が投下され姿を変えた
悲劇のドームは、記念碑の価値をはるかに超え、
世界平和を訴える使命を宿った魂を持って生き続けているようだ。

1915年からずっと今日もなお、
広島のシンボルとなっているわけだから。

20211113-1.jpg

20211113-2.jpg

20211113-3.jpg




終わりのない祈り
世界から核兵器がなくなるまで祈りの炎は燃え続ける。

20211113-6.jpg



私が生きている間に
炎が消える日が訪れるだろうか・・・。」と義父が呟く。

20211113-10.jpg




名前(平和公園)のとおり、静かなピースフルな公園の中を
私たちは命の尊さをかみしめながら歩く。

20211113-8.jpg

20211113-9.jpg



義父がヒロシマへ訪れたかったわけは・・・
この地に立ち、直接、祈りをこめたかったように見えた。

広島上空に閃光が走ったとき、彼は5歳だった。


≪次回予告
夫の希望である、播磨国の白鷺への旅へ💨
旅のスケジュールはタイトではあったが、
姫路で途中下車して本当に良かったなぁと思えた旅♬


【後記】
利用した路面電車に車窓さんが乗り合わせていたこと。
スイス人親子のみならず、私も驚いた!
20211113-11.jpg



Japan Japan Japan 
最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
少しでも面白い日本の旅を感じてくださったら・・・
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 

smile_suisseflag.gif inoreader_3




関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.