menu
              

風雅な庭園で和の心に触れる!- 好古園

       
          
20211117-1.jpg



Google mapを見ていたら、
姫路城の隣に日本庭園があることを発見し
花や植物が好きなスイス人親子なので、
日本庭園を訪れるチャンスだと思った。


≪ スイス人親子と巡る🍁日本の秋旅 2019.11 ≫ 4日目 - 姫路


夫の提案で姫路城の境内に入る前に
先に、日本庭園へ行くことになった。

この庭園については全く無知である私も
どのような展開になるのか興味深々であった。


すると・・・
歩く先に≪お屋敷の門≫が見える。
何だかワクワクしてくる♬
藩主のお屋敷にお伺いする気分♬

20211117-2.jpg



お屋敷の門に近づくと・・・
中から美しい秋色が私たちを手招きするかのよう。

門をくぐり抜けると、ただの日本庭園ではなかった!

風情のある緑と秋色に包まれる≪渡り廊下≫へと続く。
義父は新幹線に乗っているときより
はるかに心を躍らせているかのように見えた。


渡り廊下≫といっても、
屋根付きの太鼓橋のような感じも受ける。
渡り廊下からは、相反する美しい風景に驚く!

まだ衣替えをしていない緑の🍁もみじと
静かな渓流は心を落ち着かせ、
反対側(池)を見ると、朱く紅葉した🍁もみじ。
青い池では色鮮やかな錦鯉が悠々と泳いでいる。

胸の鼓動は高まり、私の心はますます舞い上がる⇧

まさに静と動の色彩の世界を感じる場所である。

20211117-3.jpg

20211117-11.jpg


歩く楽しみを与えてくれる庭園♬


20211117-6.jpg


日曜日ではあったが、午前中だったせいか
すれ違う人も少なく、非常にのんびりと歩くことができた。
おそらく、ほとんどの人は最初は姫路城へ訪れるのかもしれない。


潮音斎≫という名のお屋敷
大池には、たくさんの錦鯉の他に
大きな盆栽のような島もとても印象的である。
そして、お屋敷からは池の他に滝も見える。

訪れたときには、美しい扇子が展示してあった。

20211117-5.jpg

20211117-4.jpg




石畳を歩きながら緑の風景を抜けると・・・
鮮やかな輝く紅葉🍁と、鏡のような池に
日本の美を再確認する。

📌大池を中心とした場所は≪御屋敷の庭≫と称される。

20211117-7.jpg

20211117-8.jpg

20211117-13.jpg




日本庭園なので灯篭はいくつも見るが、
この勧修寺型灯籠は、今回の旅で初めて目にした。

20211117-12.jpg




御屋敷の庭≫から≪苗の庭≫へ
ハッと目が覚めるような美しいサザンカが咲いていた。
見頃は10月末頃までと思っていたが、
私たちの到着を待ってくれていたかのように
11月中旬でも綺麗な花を咲かせてくれていてうっとり~💗

20211117-9.jpg

20211117-10.jpg



時代劇に出てきそうな武家屋敷の塀があったり、
タイムスリップしたかのような佇まいは見事としか
言うしかない!!

実がたくさんついている柿の木も
スイス人にとってはうれしかったようだ。
柿を食べたことがあっても柿の木を見るのは初めて!
お猿さんのように手を伸ばしてみても届かない💦
大きな柿の木だった。



どこを歩いても次々に素晴らしい情緒ある風景が目に留まる!

20211117-15.jpg

20211117-14.jpg



そして、この門をくぐると・・・
目の前に姫路城を包みこむような景色が広がる!

20211117-16.jpg

20211117-17.jpg

20211117-19.jpg

20211117-18.jpg



最後はこの道に誘われて≪竹の庭≫へ
終わりも目の覚めるような素晴らしい光景であった!
竹林の中にツワブキの黄色い花がアクセントになり、
さらに太陽の光が注がれ、別世界に迷いこんだかのような
周りには誰もいない不思議な空間だった♬

20211117-20.jpg

20211117-21.jpg



情緒あふれる風雅な日本庭園
すべての人の心を魅了するであろう。

おまけに・・・
後ろ髪をひかれながら、庭園を後にすると
なんと、タイミングよく姫路城のお堀に和舟が通り過ぎる。
船頭さんが私たちを見て笑顔で挨拶してくれたかのように思えた。

20211117-22.jpg


素晴らしいときをありがとう。
姫路っていいなぁ~☆彡


≪次回予告≫
姫路城を少し散策し、また徒歩で姫路駅へ戻る。
そして新幹線で新大阪へ戻り、伊丹空港へ。
屋久島行きのフライトではサプライズが待っていた!


 HPまでも親切なイメージで好感が持てる。
 人気の時代劇のロケ地としても利用された庭があることも
 最近知った。
 


Japan Japan Japan 
最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
少しでも面白い日本の旅を感じてくださったら・・・
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 

smile_suisseflag.gif inoreader_3




関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.