menu
              

夢のレープクーヘン・ハウスとNYからやってきたトナカイ!

       
          
20211226-1.jpg



クリスマスの日を過ぎても
新年の初め頃まで輝き続けるクリスマス・イルミネーション!

この通りは、また別のバーゼルのショッピング・ストリート!
≪Freie Strasse/フライエ通り≫

南のトラムが走っている通りから
バーゼル市庁舎まで歩いていくと・・・
ROLEX≫の文字に誘われる・・・
といっても、私は全く、高級時計や貴金属に興味がないが、
毎年、ショーウィンドウはとても楽しみにしている♬

20211226-2.jpg



Bucherer
スイスのみならず、
ヨーロッパを代表する最大の時計宝飾店である。
1888年にバーゼル出身のCarl F. Buchererは妻と一緒に
ルツェルンで開業し、業界では知らない人はいないであろう。
2013年 パリに世界最大の時計と宝石店をオープン。
ドイツ、ロンドン、ウィーン、パリ、コペンハーゲン、ニューヨークにも。
今秋には、ニューヨーク・タイムズでも話題に上った。
家族経営(現在:三代目)で130年以上も続いているのも珍しいのでは!?


童心に戻る瞬間が妙に心地良い👍

今年は、≪レープクーヘン(ジンジャーブレッド)≫
たくさんの可愛い家とジンジャーブレッドマンが窓を飾る。

もちろん、食べることはできないが、
クッキーの香りが漂ってきそうな美味しい飾り♬

20211226-3.jpg

20211226-4.jpg

20211226-5.jpg

そして、こちらも♬
20211226-6.jpg


ちなみに、こちらは本物のクッキー。
20211226-9.jpg



そこで、ルツェルンといえば、
昨年、ブログでも紹介したことのある、
ルツェルン郊外の≪レープクーヘンハウス≫を思い出す。


本物のクッキーを焼きあげるかのように準備がされ、
20211226-7.jpg


夜には灯リが灯され、大きな≪レープクーヘン・ハウス≫が
登場した!

20211226-10.jpg

20211226-11.jpg



残念なことだが、このオリジナルの古い農家は取り壊されてしまった。
最後に、たくさんの時を刻み、たくさんの歴史を見たこの家に
大きな敬意を表して、クリスマスデコレーションで飾られたのかな。

今は存在しない家であるが、
昨年見た印象は非常に感動的であった!


≪Bucherer≫で美味しい夢を見たあと、
魔法のように、🎄クリスマスツリーが見えてくる。

20211226-8.jpg



もう一つの感動したショーウィンドウは・・・
≪NYからやってきたトナカイ≫

20211226-12.jpg


金細工人のショップであるが、ジュエリーよりも
とってもおしゃれなトナカイに釘付け!

何だか、トナカイのファッションショーみたいな
ライトアップも素敵で、とってもCool!!

スイスではなかなかお目にかかれないトナカイ!
素敵なブーツやハイヒールを履いたトナカイ!

20211226-13.jpg

20211226-14.jpg

20211226-15.jpg

20211226-16.jpg

20211226-17.jpg


とっても華やかな夜を感じたひとときであった。


swissflag.gif   swissflag.gif   swissflag.gif 
最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
ほんの少しでも・・・あなたのこころにスイスが近くに感じられたら.....
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 

smile_suisseflag.gif inoreader_3



20211222



関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.