menu
              

ミルク色のチョコレート工場!- カイエ

       
          
20200930-05.jpg


グリュイエール地方といえば、チーズの他に
チョコレート工場も見逃せない!



チョコレート大好き!
地元の人たちからもお勧めだと言われて
有名なチョコレート工場へ立ち寄ることにした。


≪Broc, Le Home/ブロ・ル・オームのバス停付近より≫
20200930-01.jpg


高台になっているので
遠くにグリュイエール湖も見えて眺めはすごく良い!


深呼吸をする・・・ここでの秋晴れの空気はとても美味しい!
何だか、優しい風から甘い香りが漂ってきそうな感じであった。



下り坂を歩いていると・・・
牛さんたちに出会う!
20200930-02.jpg

「ハロー!」
おっといけない、ここはスイスフランス語圏だ。
「ボンジュール!」と呼びかけた。
しかし、牛さんたちはお食事中で振り向いてくれず💦



グリュイエール地方は牛のパラダイスといってもいいほど、
車窓からもいたるところでたくさんの種類の牛に出会う!
20200930-06.jpg



そして、すぐにリスくんに出会う♪
20200930-03.jpg



うん?🐿リスとチョコレート工場!!
シンプルに頭の中の回路は映画『チャーリーとチョコレート工場』と結びついた!
たくさんのリスたちがでくるみを割って選別していたシーンを思い出す。


Maison Cailler/メゾン・カイエ』と呼ばれているチョコレート工場。
建物の外観はまるで白亜の美術館! 
20200930-07.jpg



現存するスイスの最古のチョコレートブランドである。
1819年にVevey/ヴヴェイで誕生し、この地に工場を移転したの1898年


📝カイエ創設者の名前で、ヴヴェイ時代に画期的な発明があった!
カイエ(Francois-Louis Cailler)さんの義理の息子ペーター(Daniel Peter)さんが
今、私たちが食する、板状のミルクチョコレートを発明したのだ!

私が大好きなカイエの"スイスアルプスのミルクチョコチョコレート♬
20200930-08.jpg
人工香料、人工着色料、人工甘味料、保存料は一切使用されてない👍
従来のものからミルクとカカオを増やす代わりにお砂糖は控えめで
ヘルシーチョコ!


🐮使われているミルクは、すべて地元産の🐄牛のミルク
カイエのスタッフ全員、美味しいミルクを提供してくれている
牛さんの個々の名前を覚えているそうだ。

🐮スイスでは特に、家族経営の農家では名前で呼ぶのが当たり前!



チョコレート物語がもうすぐ始まる・・・。
🎦『Allegra/アレグラとチョコレート工場』のストーリー!
・・・おっと、いけない、著作権侵害になる!?・・・NG。

🎬「アレグラとカイエの出会い」にしようかなぁ(検討中・・・つづく

📌旅メモ
🏠 Maison Caillermap

swissflag.gif   swissflag.gif   swissflag.gif 

最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
ほんの少しでも・・・あなたのこころにスイスが近くに感じられたら.....
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
smile_suisseflag.gif inoreader_3
関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.