menu
              

古城に住む可愛い動物!- グリュイエール

       
          
20201006-07.jpg

8世紀の歴史をもつ、古の周りを朝食前に散歩してみようと思った。


遊歩道から見る、朝霧と朱い空は言葉では言い尽くせない風情がある。
20201006-01.jpg


肌寒い空気は、寝起きの私を一気に目覚めさせた。


📝13世紀に建てられたスイスの古、グリュイエールは、
もともとはグリュイエール伯爵の住居だったそうだ。


その後、長い間、いろんな伯爵が入れ替わり住んでいたということ。


珍しい色の家を持ったカタツムリに出会う。
20201006-02.jpg



空腹感が襲ってきた・・・。
いや、カタツムリを食べたい!というのではなく、
シナモンロールを思い出す。
20201006-09.jpg

ドイツ語では、シナモンロールのことを"Zimtschnecke/ツィムトシュネッケ"という。
※Zimit=シナモン、Schnecke=カタツムリ
直訳すると"シナモン・🐌カタツムリ"



朱い空から太陽が顔を出すのが見えるかな?と待っている間、
古い木の間から何かが動いているのが見えた!


可愛い野生のリスのファミリー!!
20201006-06.jpg


全部で4匹見つけたが1匹だけ他のリスと比べると
ちょっと太めのリスがいたので、お母さんリスかなぁ?と。


このリスくんとは何度か私と目が合った、
20201006-04.jpg



ふと、おの中で見た、中世の家具に装飾された動物たちの絵画の中で
見つけたこのリスの画を思い出す。
20201006-08.jpg


の新しい所有者は、1849年大規模な改修を行ったそうで、
テーマが設けられたお部屋は明るいイメージdとても印象に残っている。


私が見たリスくんの祖先は少なくとも約170前には、
このおに住んでいたのではないだろうか!?・・・と想像する。


私と目が何度も合ったリスくんは、私の視界から遠ざかることもなく、
それどころか、私の目の前で木から城壁へジャンプして渡ったり、
城壁を上から下へ、下から上へと・・・、
まるでアクロバットショーを見せてくれているかのようだった。
20201006-05.jpg


朝からハイテンションになる私!


可愛い~♬
20201006-03.jpg



気持ちの良い朝に、朝食前の素敵なショーで
さらに楽しい一日の始まりを迎えることができた!

もうしばらくすると冬眠の季節かな?
リスたちはどこで冬眠するのかなぁ。。。

swissflag.gif   swissflag.gif   swissflag.gif 

最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
ほんの少しでも・・・あなたのこころにスイスが近くに感じられたら.....
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
smile_suisseflag.gif inoreader_3
関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.