menu
              

アインシュタインと亡命を望んだ皇后はここにいた!

       
          
20201016-05.jpg

ここで、二つの歴史を見つける!


フリムスのカウマ湖近くにある、このホテル*には、
驚いたことに・・・
アルベルト・アインシュタインが宿泊したことがある事実を知った!

20201016-06.jpg

宿帳には、二人の名前がある。
20201016-13.jpg

"Arbert Einstein mit Frau, Sohn " おそらく、直筆である。
彼の妻と息子も一緒であることが確認できる。
アインシュタインZurich/チューリッヒに在住していたときだと確認できる。

そして、"Irène Curie"の名前も!

あとで調べてみると、
1913年の夏、数日間、アインシュタインは彼の妻と息子、
そして、マリ・キュリー(キュリー夫人)の娘、Irene Curieイレーヌ・キュリー
一緒に旅をしてこのホテルに宿泊したらしい。


また、職業欄には"Professor"と書いてある。
当時、チューリッヒ連邦工科大学で教授を務めていたことも
再確認できる。


さらに、よーく見ると、布製のナプキンの上に
座標を見つける、何か走り書きしてある。
20201016-12.jpg

ここからは私の想像でしかないが・・・
アインシュタイン一般相対性理論を発表したのが1915年/1916年のこと≫
・・・ということは、食事中にもその理論を解いていたのだろうか??


1階のホテルロビーはとても広い。
20201016-03.jpg


ここを左へ進むと・・・
20201016-04.jpg


さらに奥にお部屋があるのが見える。
20201016-04-2.jpg


そのお部屋の中を覗いてみると・・・。
20201016-01.jpg


私が訪れたのは10月中旬だが、
クリスマスの広告写真を撮る準備だったのだろうか?
可愛いクリスマスツリーが飾ってあった。


≪当時のサロンの写真≫
20201016-02.jpg


壁紙は落ち着きのある装飾に変わっているが、
昔の面影を彷彿させる雰囲気がある。


アインシュタインたちは、このお庭のテラスでお茶を飲みながら・・・
20201016-07.jpg


夕暮れ時の山々の景色も見ていたのだろうか?
20201016-08.jpg


この時期には、一説によると
すでに彼は新しい恋を見つけた時期であるが、
家族との旅をここでどのように過ごしていたのだろうか?



そして、もう一つのストーリーにも驚かせる!
1920年代、当時、オーストリアの最後の皇后であるZita/ツィタが、
一時、スイス亡命中の冬の間、息子たち、プライベートの司祭らと一緒に
このホテルの離れを借りて住んでいたそうだ。

≪当時の"Villa Helvetia/ヴィラ・ヘルヴェティア"≫
20201016-11.jpg



今なお現存していて、ホテルのすぐ近くにあり、
現在はこのホテルのオーナーが住んでいるそうだ。
20201016-10.jpg


皇后がどのくらい滞在したのか不明であるが、
歴史上の人物として有名な彼女ではあるが、
当時、スイスへの亡命はうまく行かなかった。


この地を急いで離れなければいけなかったときの彼女の忘れ物である。
20201016-09.jpg

当時の緊迫した彼女の身の上を、想像せざるを得なかった。


🍂木の葉が散る季節
これらの事実を初めて知り、そして歴史を垣間見る・・・
やはり、スイスの旅は面白いなぁと感じた旅であった!

📌旅メモ
🏠 Schweizerhof Flims ≪map

swissflag.gif   swissflag.gif   swissflag.gif 

最後まで読んでくださってどうもありがとうございます。
ほんの少しでも・・・あなたのこころにスイスが近くに感じられたら.....
応援クリックを2箇所していただけたらとてもうれしいです。 001.gif001.gif
PVアクセスランキング 
にほんブログ村


FC2 ブログランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
smile_suisseflag.gif inoreader_3


関連記事
                                    

0Comments

There are no comments yet.