menu
木の葉が手を振る季節!- バーゼル

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

木の葉が手を振る季節!- バーゼル

ライン川沿いの遊歩道!(※写真の左にはライン川)空から希望色の木の葉がはらはらと🍂・・・小さな風と一緒に空を舞う!木の葉たちは手を振りながら、「さようなら、また会う日まで。」と話しかけてくる。≪風のお遊び≫カラフルな大きな金平糖を集め始めていた。時々、風は地面に向かって「ふぅーっ」と、息を吹きかける。すると・・・木の葉たちは、風のお遊びに付き合う。「いないいないばあ」≪日本のケーキ🍰の木☺≫日本の木は、た...

05, 2020   0
Category  BS
約17分間のワクワクルート♪-レーティッシュ鉄道アルブラ線

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

約17分間のワクワクルート♪-レーティッシュ鉄道アルブラ線

まるでテーマパークのアトラクションの乗り物に乗ったような、何が出てくるのか、ワクワクする車窓からの風景だった♬『レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観』は鉄道技術も含めて、ユネスコ世界遺産に登録されている。その中で、アルブラ線(Thusis/トゥージスとSt.Moritz/サンモリッツ間)は、美しい景観を損なうことなく、アルプスの雄大な大自然を壊すことなく切り開いた、レーティッシュ鉄道の技術も評価され...

04, 2020   0
Category  GR
ロマンチックな夕焼けスポット - ローザンヌ

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ロマンチックな夕焼けスポット - ローザンヌ

美しい思い出は、喜びとともに感謝につながる。Cully/キュリーからのサンセットクルーズを楽しみ、⌚18時半頃、日没前の絶妙なタイミングでLausannne/ローザンヌの船着場、Ouchy/ウシーに到着。(当時、日没時間は18:42) 太陽は湖畔に立つ1本の木を選び、輝くリングをつけていた。レマン湖といえば、いろんな著名人の名が浮かぶが、中でも、レマン湖を見下ろす家に一時住んでいた、クィーンのフレディ・マーキュリーはここに...

02, 2020   0
Category  VD
秋ならではのサンセットクルーズ! - レマン湖

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

秋ならではのサンセットクルーズ! - レマン湖

秋のレマン湖クルーズ!🚢サンセットクルーズを楽しむことにした。≪"La Suisse"-スイス号に乗って≫乗客は皆、静かに、そしてうっとりした目で夕日を見つめている。美しい夕日は私たちを無言にさせる力がある。話声は一切聞こえてこない。風も私たちのために止んでくれていたかのように思えた。この時間帯を選んで大正解だったと、心の中で鐘を鳴らす。すべてが温かい夕日の色に染まる。・・・私の心の中も♬秋のサンセットクルーズの...

01, 2020   0
Category  VD
森の中で千載一遇の出来事と秋の色!- バーゼル郊外

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

森の中で千載一遇の出来事と秋の色!- バーゼル郊外

久しぶりに🌞太陽が顔を出す。畑に一つだけ咲いていた、この🌻ヒマワリの花のために、青空が広がったのかなと思うほど、このヒマワリはうれしそうに太陽を見つめていたかのようだった。それとも、前日に森の中で珍しいキノコを見つけてラッキーなことが続いているのだろうか・・・。≪前日のお話≫太陽のウィンクのあとで、森の中へ入っていくと・・・    可愛い卵形のキノコを発見!≪独:Schopftintling(和名:ササクレヒ...

31, 2020   0
Category  BL
春・夏・カラフルな秋の旬を楽しむ!- バーゼル郊外

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

春・夏・カラフルな秋の旬を楽しむ!- バーゼル郊外

スイスの秋は食べ物と同じで旬がある!秋だけのカラフルな色を楽しまないと損をした気分である。バーゼル郊外では、ちょうどサマータイムが通常の時間に切り替わる頃、10月下旬頃が一番、美味しい季節となる。⛅空が曇っていても、明るい木の葉の色で気分が明るくなる。同じ木の種類でも場所によって、違った色を楽しめるのも実に面白い!さらに、今回は春と夏のフィーリングも味わえた♬≪春のフィーリング!?≫一瞬、菜の花と間違え...

29, 2020   0
Category  BL
丘の上の宝箱からの風景 - グアルダ

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

丘の上の宝箱からの風景 - グアルダ

レーティッシュ鉄道の可愛いグラルダ駅。駅からグアルダ村との標高差は約220m。駅に到着したとき、村行きのバスがちょうど出発したあとだったので、バスを待つ間、周辺に咲いていた可愛い花々にご挨拶♬小さな花が寄り添って♡ハートの形になっているのを発見!気分は上昇⇧しかし、まだ20分、バスを待つのは・・・歩いて200mの坂道を上る⇧となると、約40分はかかる💦そこで、思いついたのが、初のヒッチハイク👍!!バス通りで待つこ...

28, 2020   1
Category  GR
絵本や映画のモデルになった可愛い村!- グアルダ

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

絵本や映画のモデルになった可愛い村!- グアルダ

わぁ~♬と心が踊りまくった村。子どもたちに絵本を読み聞かせるとき、彼らの表情は目を丸くして耳を傾ける。そして、絵本の中のイラストを見てニコリとする。私も童心に戻ったような気分になった村だった。Guarda/グアルダ?と聞いて、「どこ?」とピンと来なくても、スイスの絵本『Schellen-Ursli(ウルスリのすず)』のモデルになったスイスの村といえば思い出されるはず。🎬映画も公開されたので、絵本を見たことがない人たちも...

27, 2020   0
Category  
幻想的な青と朱い雲そして秋の味覚- サンモリッツ

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

幻想的な青と朱い雲そして秋の味覚- サンモリッツ

青い空と朱い雲!シュターツ湖からの戻り道、サンモリッツ湖に近づく頃には、ちょうど日が暮れかかっていた。誰もいない湖。幻想の世界のようだった♪ 空では朱い雲が飛び跳ね・・・湖面には明るい笑顔の雲を、オレンジ色の木として映し出す。透き通るような青い空間の中で、夢のような世界に入っていきそうなとき、ちょっぴり冷たい空気が私の肌に触れ、現実に引き戻される。このホテルレストランで夕食をとることにした。シ...

26, 2020   0
Category  GR
美しい秋の見せ場をつくる立役者!- サンモリッツ

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

美しい秋の見せ場をつくる立役者!- サンモリッツ

Engadin/エンガディン地方の最高の美しい秋といえば・・・黄色と緑色の木の葉がタグを組むとき!セイヨウカラマツ(落葉樹)とスイスの松(常緑樹)は秋に最強のコンビとなる!⛅⛄🌞St.Moritz/サンモリッツに⌚15時頃に到着。サンモリッツ湖の東に位置する湖、Lej da Staz(シュターツ湖)へ。行きはサンモリッツ湖の南の森を抜けてのハイキングルートを選ぶ。≪St. Karl Borromäus(聖カール・ボロメウス教会)≫このとき、空を見上げ...

24, 2020   0
Category  GR
オーロラ色に輝く湖 - プレダ

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

オーロラ色に輝く湖 - プレダ

スイスの秋はゴールデン秋!紅葉よりは黄葉である。特にグラウビュンデン州で多く見られるセイヨウカラマツはダントツにスイスの秋の主役だと感じる。この夏の湖の写真を見て、秋に訪れてみたくなった!≪Palpuognasee/パルプオーニャゼー(海抜1,918m)≫観光地化されていない、自然そのままの湖である。Preda/プレダ駅から2kmくらい歩いて11時半頃、湖に到着!空には半月がくっきりと見える。30分後空の白いカーテン(雲)がゆっく...

23, 2020   0
Category  GR
印象的なシンボルとお土産話!-エペス

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

印象的なシンボルとお土産話!-エペス

Epesses/エペス村のシンボルはとても可愛い。エペス村はこのシンボルで一つにコンパクトにまとまっている印象を受ける。こちらの狭い路地にも。他にも駐車場やワイン樽など、いろんな場所で見かけ、ここは「"エペス"ですよー。」と教えてくれているようである。お店の看板にもやはり目がいく・・・🍇私好みの看板にまた出会えた♬予想外に楽しめたこと♬ここから面白いクイズが待っていた・・・春に訪れたとき、バスでこの道を通った...

22, 2020   0
Category  VD